天青石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天青石
天青石の晶洞の断片
分類 硫酸塩鉱物
化学式 SrSO4
結晶系 斜方晶系
へき開 一方向に完全
モース硬度 3 - 3.5
光沢 ガラス光沢
無色、淡青色
条痕 白色
比重 3.95 - 3.97
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

天青石(てんせいせき、celestite)は硫酸ストロンチウム(SrSO4)を主成分とする鉱物である。セレスタインとも呼ばれるが、これは「空色」という意味である(日本名も同様)。重晶石グループの鉱物。マダガスカル産の本鉱はジオード中に美しい群晶を作る。

斜方晶系、綺麗な青灰色で、ガラスまたは真珠光沢を持つ。

炎色反応では、ストロンチウム特有の赤い色が出る。

石言葉は「休息」。

天青石の結晶。マダガスカル産

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]