天野隆重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
天野隆重
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 文亀3年(1503年
死没 天正12年3月7日1584年4月17日
墓所 大梅山通化寺山口県岩国市周東町西午王ノ内)
官位 従五位下中務少輔紀伊守(受領名)
主君 大内義興義隆毛利元就隆元輝元
氏族 藤原南家工藤氏金明山天野氏
父母 父:天野元貞、母:福原広俊の娘
兄弟 隆重隆良、女(桂元澄室)
正室:井原元師の娘
継室:福原広俊の娘
元明武弘元祐元友元嘉元信

天野 隆重(あまの たかしげ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大内氏毛利氏の家臣。

出自[編集]

安芸天野氏は、藤原南家工藤氏の一族で安芸国に下向し国人化したもので、隆重の系統は天野政貞から始まる金明山天野氏にあたる。同じく安芸の国人である天野興次天野興定天野元定の一族の系統は生城山天野氏である。

生涯[編集]

文亀3年(1503年)、安芸国金明山城を本拠とした国人・天野元貞の長男として生まれる。

はじめ大内氏に従属したが、天文20年(1551年)に大内義隆陶隆房(陶晴賢)の謀反によって殺害されると(大寧寺の変)、毛利元就に従属した。隆重の妻は福原貞俊の妹だったため、毛利元就から厚い信頼を受けた。その後はある程度の独立性を維持しながらも、毛利氏に従い厳島の戦い防長経略など多くの戦いで活躍した。出雲国尼子氏が滅亡すると、月山富田城の城代を任される。

永禄12年(1569年)、尼子勝久率いる尼子再興軍が隠岐国より出雲に上陸し、出雲奪還へと行動を開始した。これに呼応し尼子氏残党も一斉に蜂起してこれに加わり、6,000を超える人数が尼子再興軍の勢力下に入った。当時、毛利氏はその主力を北九州の大友氏との戦いに向けており、月山富田城を守る兵は僅か300であった。しかし、隆重は城主の毛利元秋と相談して一計を案じ、降伏する旨の書状を送り尼子再興軍を月山富田城に誘引して奇襲をかけ、秋上宗信率いる2,000の兵を散々に打ち破った。

この敗戦の後、尼子軍は月山富田城に籠もる毛利軍を伏兵により殲滅しようと画策し、城下の浄安寺に幸盛ら率いる1,000の伏兵を置いた。隆重はこれを察知して、浄安寺に静かに近づき、鉄砲や矢を寺内に猛射して、またもや打ち破った。これにより、尼子側の戦意は失い、城攻めは膠着状態に陥った。その後、毛利軍本隊が大軍を率いて出雲国へ迫り、尼子軍による月山富田城の包囲を突破し城を開放した。

天正12年(1584年3月7日に死去。享年82。墓所は山口県岩国市周東町西午王ノ内の大梅山通化寺にあり、隆重夫婦は子・元嘉夫婦と共に眠っている。

参考文献[編集]