天野太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天野 太郎(あまの たろう、1918年7月27日 - 1990年11月15日)は、日本建築家フランク・ロイド・ライトに学び、工学院大学東京芸術大学で教鞭をとりながら、吉原正武藤章らと設計活動を行った。

生涯[編集]

1918年広島県呉市生れ[1]第一早稲田高等学院を経て1942年、早稲田大学理工学部建築学科入学。在学中会津八一に師事し、大竹十一小堀鐸二円堂政嘉らと親交を持つ。卒業後に鹿島建設設計部に入社し、目白ヶ丘教会の設計のため遠藤新建築創作所に樋口清吉原正らと出向する。遠藤新の薫陶を受け、1952年に遠藤の師であるライトの下に遊学する。その他に、鹿島建設に顧問でいた吉田鉄郎の影響も受ける。1955年には工学院大学建築学科助教授となり、教育の傍ら吉原正武藤章とともに設計活動を始める。1962年に、吉田五十八が退官した東京藝術大学に招聘され、教鞭をとりながらキャンパス計画を指揮する。

1966年にパーキンソン病が発症し、1980年ごろには、入退院を繰り返すことになり、1990年に心不全を伴い死去。

「音羽の家」や「新花屋敷ゴルフクラブ」に代表されるような初期の作品には、ライトの影響がみられるが、「武蔵嵐山カントリークラブ」の頃には、アルヴァ・アールトの影響が読み取れるながらも、模倣には終わらない天野らしさを感じさせるヒューマンでのびやかな建築を創作している。後期の作品では、東京芸術大学のキャンパス計画にみられるような、周辺の環境に呼応した空間を持つモダニズムのデザインにまで発展している。日本の伝統的な建築空間を評価して、生活や社会に即した建築が建てられる環境とどうあるべきかを考察し、戦後のモダニズムを昇華させようと努めた。また、天野研究室や天野吉原設計事務所から多くの建築家を輩出し、教育者としての側面ももっていた。

略歴[編集]

  • 1945年 早稲田大学理工学部建築学科卒業
  • 1945年~1956年 鹿島建設設計部
  • 1949年~1951年 遠藤新建築創作所(自由学園最高学部などを担当)
  • 1952年~1953年 F.L.ライトファウンデイションの奨学金を得て、F.L.ライト事務所タリアセン
  • 1953年 米国視察の後、帰国
  • 1955年~1962年 工学院大学建築学科助教授
  • 1959年 有限会社 天野太郎研究室開設
  • 1961年 トルコ・アンカラ中近東工科大学建築学科客員教授
  • 1961年 文部省海外研究員として欧州建築事業視察の後、帰国
  • 1962年~1964年 東京芸術大学美術学部建築学科助教授
  • 1964年 東京芸術大学美術学部建築学科教授
  • 1965年 日本建築学生会議主催コンペ審査員
  • 1967年 天野太郎研究室から天野・吉原設計事務所に改称
  • 1983年 東京芸術大学美術学部建築学科名誉教授
  • 1990年 従四位勲三等瑞宝章
  • 1990年 11月15日 心不全のため逝去(72歳)

作品[編集]

文献[編集]

  • 『フランク・ロイド・ライト』(天野太郎・樋口清・生田勉 彰国社 1954)
  • 雑誌 新建築6 「音羽の家」 天野太郎 (新建築社 1956)
  • 『造形に関する試論並びにひとつのPROJECT』天野太郎・武藤章(工学院大学研究報告06 1957)
  • 雑誌 新建築1「建築について」天野太郎・武藤章・樋口清(新建築社 1958)
  • 『L'Architecture d'Aujourd'hui 61 11』新花屋敷ゴルフクラブハウス 1961
  • 雑誌 新建築6 「M邸」 天野太郎研究室 (新建築社1961)
  • 雑誌 新建築4 「武蔵嵐山カントリークラブ」 天野太郎研究室 (新建築社 1962)
  • 『THIS IS JAPAN NO.11』武蔵嵐山カントリークラブ 1963
  • 雑誌 新建築11 「東京芸術大学附属図書館・収蔵庫」 天野太郎・茂木計一郎・平島二郎 (新建築社1965)
  • 雑誌 建築7 「十軒の家」 天野太郎研究室 (青銅社 1967)
  • 『フランク・ロイド・ライト1』(天野太郎・浦辺鎮太郎・二川幸夫 美術出版社現代建築家シリーズ 1967)
  • 『空間の流れを追って』天野太郎(帝国ホテルを守る会パンフレット 1968)
  • 『現代日本建築家全集13 生田勉・天野太郎・増沢洵』(栗田勇監修 三一書房 1972)
  • 雑誌 建築画報111 「旭川市民文化会館」 (建築画報社 1977)
  • 『照明のデザインー光と影の世界』中村寛一 (グラフィック社 1977)
  • 雑誌 住宅建築7 特集 天野・吉原設計事務所の仕事(建築思潮研究社 1979)
  • 雑誌 住宅建築12 天野・吉原設計事務所(建築思潮研究社 1981)
  • 『天野太郎十軒の家』(東京藝大・天野研究室同窓会編 1985)
  • 雑誌 住宅建築4「この家は、天野太郎先生の家である。」武藤章 (建築思潮研究社 1985)
  • 『住宅建築別冊5 暖炉廻りの詳細ー天野・吉原設計事務所の作例』監修 奥村昭雄 (建築資料研究社 1986)
  • 『A TALIESIN LEGACY』(T.S.GUGGENHEIMER 1995)
  • 『有機的建築の発想―天野太郎の建築』(吉原正編 建築資料研究社 2001)
  • 『ケンチクカ』-芸大建築科100年建築家1100人- 東京藝術大学記念誌編集委員会(建築資料研究社)

関連人物[編集]

天野太郎に師事した人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 天野太郎 東京文化財研究所 2018年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]