天野大吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
あまの だいきち
天野 大吉
職業 AV監督

天野 大吉(あまの だいきち)は、日本AV監督芸術家である。主にアダルトビデオメーカー幻奇魂奇天奇で活動する。

来歴[編集]

アダルトビデオメーカーに就職後、2年半で独立。スタッフは最初3人だったが、2人は辞めていき、天野だけが残った。最初の監督作品は『空中ぶっかけ4m』という作品だった。低予算で自分の好きなものを作ったのがきっかけで、『秘密戦隊ゴレンジャー』『タイムボカンシリーズ』などパロディ作品を制作するようになった[1]。幻奇を始める前に7年間、アメリカ合衆国に住んでいた[2]

2009年公開のギャスパー・ノエ映画エンター・ザ・ボイド』に携わる。キャスティングは幻奇スタッフが担当した[3]

作風[編集]

人間と生き物の輪廻」を主題とした映像を撮っている。

幻奇では、「女性生物との絡み」を主題としており、蛸を用いた作品を数多く制作されている。その他、作品に登場する生物としては、泥鰌蚯蚓海鼠金魚、ミル貝、烏賊蜥蜴ミルワームゴキブリカブトムシの幼虫、がある。

メディア出演[編集]

日本以外での個展開催や写真集の発売がされる事が多いため、取材も日本以外からのものが多い[3]。彼のMySpaceにも記載されているが、イギリス雑誌『ビザール』に、日本人として初めて特集が組まれた。初掲載は119号で、それは「FROGS PORN!(蛙のポルノ)」という表題が付けられたカラー9ページに及ぶ特集で、彼の作品とコラム形式のテキストを織り交ぜたものになっている。この特集に掲載された記事の一部が同雑誌の公式サイトで閲覧可能である[2]2008年5月31日現在、同雑誌でコラムを執筆中である。このコラムは毎号カラー2Pにも及ぶものになっている。

2007年秋に開催されたデザインフェスタへ出展。アダルトジャンルではなく18歳未満でも購入可能な物を用意した。 繊研新聞社が主宰するイベント「PLUG-IN」へも、作品を展示している。

評価[編集]

日本以外で天野が紹介される際は、葛飾北斎とよく比較される。天野自身はこれについて、2009年に受けたウェブサイトメンズサイゾー』とのインタビューで、「自分から北斎を意識したわけではなく、引き合いに出されるんですね。影響を受けたわけではなく、近いねって言われるんです。たぶん、蛸のイメージがかぶるということもあるんでしょうね。誰かを意識して作っているということはないです」と述べている[3]

アメリカ合衆国歌手リディア・ランチは、アダルトサイト『ミスター・スキン』とのインタビューで「あなたは、ミスター・スキン上にあるどの映画が好きか」との質問に、「私は幻奇クルーに心を奪われる。日本の天野大吉によるポルノ芸術。美しい女性が蛸、ウサギ、ヒル、その他の生物と絡むところにそそられる。その美意識は驚くべきもの。芸術とポルノの境を押しのけているし、魅力的。」と答えている。最後に"編集者による備考"として「リディア(の言うこと)を信じていない?それならGenki-Genki.comでチェックしてみて」との注釈がされている[4]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 天野大吉 (2009年7月31日). 世界規模でファン急増中!AV史上最強の異端アーティスト!天野大吉(前編). インタビュアー:メンズサイゾー. メンズサイゾー.. 東京都. http://www.menscyzo.com/2009/07/av_4.html 2011年1月15日閲覧。 
  2. ^ a b Chris Campion (2006年). “Interviews” (英語). Bizarre. 2011年1月15日閲覧。
  3. ^ a b c 天野大吉 (2009年8月5日). 世界規模でファン急増中!AV史上最強の異端アーティスト!天野大吉(後編). インタビュアー:メンズサイゾー. メンズサイゾー.. 東京都. http://www.menscyzo.com/2009/08/av_9.html 2011年1月15日閲覧。 
  4. ^ リディア・ランチ (2007年10月24日). Lydia Lunch: The Mr. Skin Interview. インタビュアー:Mr.Skin. Mr.Skin.. アメリカ合衆国. http://blog.mrskin.com/lydia-lunch-the-mr-skin-interview---1203 2011年1月15日閲覧。 

外部リンク[編集]