天野可淡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天野 可淡(あまの かたん、1953年 - 1990年11月1日[1])は、人形作家。創作球体関節人形耽美表現を始めた。女性。本名、大作紀美子[2]

略歴[編集]

  • 1953年、東京都世田谷区に生まれる。
  • 1962年、東映児童研究所第四期生となる。
  • 1974年、女子美術大学在学中より人形制作開始。
  • 1981年、銀座小松アネックス「更染沙ギャラリー」を皮切りに個展を開始する。
  • 1988年、ドールスペース・ピグマリオンのスタッフとなり、代表者であり人形作家である吉田良一(現在、吉田良に名前改め)とともに活動を続ける。
  • 1990年、オートバイによる交通事故にて逝去。

作品集について[編集]

1989年に「KATAN DOLL」、1990年に「KATAN DOLL fantasm」、1992年に「KATAN DOLL RETROSPECTIVE」の三冊がトレヴィルより出版されている(写真撮影は吉田良一)。ただし出版社の倒産により、いずれも入手困難。

1995年には、シンフォレストから、写真集のソースをCD-ROM化した「KATAN DOLL」も発売されているが、こちらも販売終了となっている。

2007年2月9日復刊ドットコム(外部リンク)にて上記3冊の復刊決定が発表され、エディシオン・トレヴィル「KATAN DOLL」(2007年8月)、「KATAN DOLL fantasm」(2007年9月)、「KATAN DOLL RETROSPECTIVE」(2007年12月)の3冊が無事復刊された。しかし、2016年現在入手困難となっている。

2015年12月16日、KADOKAWAから収集家・写真家の片岡佐吉による写真集「天野可淡 復活譚」が発表され、綾辻行人が寄稿した。綾辻は同書の中で、『Another』の登場人物は天野の人形から発想を得たと語っている。

作品の展示[編集]

現在、天野可淡の作品はその多くが散逸し、親族のほか、片岡佐吉ら幾人かの人形収集家のもとにあり、片岡佐吉が所有している作品については、片岡がオーナーをつとめる人形博物館マリアの心臓にて展示されている。(京都大原にあるマリアの心臓は2020年閉館予定)

2004年には、映画「イノセンス」公開記念、押井守監修「球体関節人形展~DOLLS OF INNOCENCE~」(東京都現代美術館/2月7日~3月21日)で数体が陳列された。

2010年度に東京国立近代美術館へ2作品が寄贈された。

テレビ番組[編集]

1994年8月28日にフジテレビ制作の番組「ワーズワースの冒険」の第22話で「消えた少女人形の謎~カタン・ドールの世界~」として天野可淡がストーリ仕立てで取り上げられた。

参考文献[編集]

  • 『KATAN DOLL』天野可淡著 トレヴィル
  • 『KATAN DOLL fantasm』天野可淡著 トレヴィル
  • 『KATAN DOLL RETROSPECTIVE』天野可淡著 トレヴィル
    • 復刻版に詳細な年譜及び写真あり。
  • 『KATAN DOLL(CD-ROM)』天野可淡著 シンフォレスト
  • 『天野可淡 復活譚』片岡佐吉著 KADOKAWA

出典[編集]

  1. ^ 天野可淡、ドールスペース・ピグマリオンHP内プロフィール
  2. ^ 『現代物故者事典 1988~1990』(日外アソシエーツ、1993年)p.31

外部リンク[編集]