天野仁史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天野仁史
生誕 (1982-01-07) 1982年1月7日(38歳)
石川県金沢市
国籍 日本の旗 日本
別名 amachang
業績
専門分野 ウェブ
勤務先 スマートニュース株式会社
プロジェクト JavaScript-XPath
受賞歴 Developers Summit 2007 ベストスピーカー賞 (2007年)

天野 仁史(あまの ひとし、1982年1月7日[1] - )は、日本ソフトウェア技術者ブロガー。石川県出身[2]。2018年5月よりスマートニュース株式会社に勤務。主にJavaScriptの分野での活動が知られる。ハンドルは「amachang」。

JavaScriptで実装されたDOM 3 XPathエンジン「JavaScript-XPath」の開発や、ブログ『IT戦記』で知られる。技術者向けイベントでの講演や、技術雑誌での執筆活動もおこなう。

小飼弾は著書で天野をアルファギークの一人として取り上げ、JavaScriptは天野から教わったようなものだとも述べたとされる[3]

経歴[編集]

  • 2003年 - 石川工業高等専門学校 卒業
  • 2003年 - 岩通ソフトシステム株式会社に入社
  • 2005年12月 - 株式会社ガイアックスに入社[2]
  • 2005年12月 - ブログ「IT戦記」を開設[4]
  • 2007年 - Developers Summit 2007 にて「JavaScript の現在と未来」講演[4]。ベストスピーカー賞受賞[5]
  • 2007年6月 - サイボウズ・ラボに転職[2]
  • 2010年9月 - オーマ株式会社に入社[6]

受賞歴[編集]

  • Developers Summit 2007 にてベストスピーカー賞受賞[5]

著書[編集]

共著[編集]

寄稿[編集]

Ajaxの定石」

  • 『日経ソフトウエア 2007年1月号』(日経BP、2006年11月、ASIN B000KGGD50)、「JavaScriptから学ぶ言語の拡張性(59ページ〜)」。
  • 『WEB+DB PRESS』(技術評論社)誌「わくわくJavaScript開発道」連載(2007年6月〜)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西尾泰三 (2008年1月21日). “amachang―メランコリックな渋谷系Javascriptハッカー (1/3)”. ITmedia. 2010年10月25日閲覧。
  2. ^ a b c 田口元 (2007年12月21日). “田口元の「ひとりで作るネットサービス」探訪:吠えるだけじゃなくて、行動しなくちゃ──IT戦士・amachang”. ITmedia. 2010年10月26日閲覧。
  3. ^ 小飼弾『小飼弾のアルファギークに逢ってきた』(技術評論社、2008年5月、ISBN 978-4-7741-3452-9)、および下記インタビュー記事「New Generation Chronicle」参照。
  4. ^ a b 小飼弾「IT戦士 天野仁史/こんにちはこんにちは! はまちや2 勢い重要。脆弱性とか気にしないでシンプルにリリースすべし」『小飼弾のアルファギークに逢ってきた』、2008--5-10、初版第1刷、176から189ページ。ISBN 978-4-7741-3452-9
  5. ^ a b 2007春イベント 〜第1回 天野カンファレンス〜”. オブジェクト倶楽部. 2010年10月26日閲覧。
  6. ^ 天野仁史 (2010年9月22日). “オーマ株式会社に入社しました - IT戦記”. 2010年11月9日閲覧。

外部リンク[編集]

インタビュー記事[編集]