天谷虎之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天谷 虎之助(あまがい とらのすけ、1889年明治22年)2月17日[1] -1977年昭和52年)3月6日[2])は、内務官僚茨城県土浦市長

経歴[編集]

茨城県出身。茨城県立土浦中学校第二高等学校を経て、1913年大正2年)、東京帝国大学法科大学政治科を卒業した[1][3]高等文官試験に合格し、愛媛県属、同警視、同周桑郡長、同理事官宮崎県理事官、福岡県理事官、福島県警察部長岡山県警察部長愛知県警察部長京都府警察部長秋田県内務部長、群馬県内務部長、福井県内務部長を歴任し、勅任官待遇となった[1][3]1932年(昭和7年)、退官[3]

その後、高松宮家嘱託[3]大正大学講師を務めた[1]

戦後は茨城県監査委員を務め[1]1951年(昭和26年)に土浦市長に当選。1955年(昭和30年)に再選された。

その後、1977年(昭和52年)まで土浦信用金庫理事長を務めた[1]。1977年、土浦市の病院で死去[2]

編書[編集]

  • 『現代農村の傑出人物』(集文堂、1942年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 日本の歴代市長 第1巻 1983.
  2. ^ a b 『読売新聞』1977年3月7日朝刊23頁
  3. ^ a b c d 帝国大学出身名鑑 1932.

参考文献[編集]

  • 校友調査会編 『帝国大学出身名鑑』 校友調査会、1932年
  • 『日本の歴代市長 第1巻』 歴代知事編纂会、1983年