天神ノ森停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天神ノ森停留場
Tenjin-no-mori stn.jpg
天神ノ森停留場 背後の森は天神ノ森天満宮
てんじんのもり
TENJINNOMORI
HN57 聖天坂 (0.4km)
(0.4km) 東玉出 HN59
所在地 大阪市西成区天神ノ森二丁目
駅番号  HN58 
所属事業者 阪堺電気軌道
所属路線 阪堺線
キロ程 2.8km(恵美須町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式 2面2線
開業年月日 1911年(明治44年)12月1日
テンプレートを表示

天神ノ森停留場(てんじんのもりていりゅうじょう)は、大阪府大阪市西成区天神ノ森二丁目にある阪堺電気軌道阪堺線停留場駅番号HN58

駅名は、駅のすぐ北西にある天神ノ森天満宮に由来する。

歴史[編集]

構造[編集]

専用軌道上にあり、単式ホームが踏切を挟んで千鳥式に配置された2面2線の構成となっている。ホームは上下線とも踏切の手前に配置されている。南側に渡り線があり、かつては天神ノ森発の列車も運行されていた。

乗り場 [編集]

1我孫子道方面・行 2恵美須町行

周辺[編集]

すぐ南側の南海電鉄高野線がオーバークロスする近くに、かつて宮ノ下という電停があったが廃止された。今もホームが残っている。


バス[編集]

大阪市営バス赤バス)の天神ノ森天満宮停留所があり、西成東ループが停車していたが2013年3月31日をもって廃止された。

隣の停留場[編集]

阪堺電気軌道
阪堺線
聖天坂停留場 (HN57) - 天神ノ森停留場 (HN58) - 東玉出停留場 (HN59)
  • ()内は駅番号を示す。

関連項目[編集]