天祖神社 (足立区加平)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天祖神社
所在地 東京都足立区加平3-5-2
主祭神 天照大神
社格 村社
創建 慶長15年(1610年
別名 加平天祖神社
例祭 10月16日
テンプレートを表示

天祖神社(てんそじんじゃ)は、東京都足立区神社

歴史[編集]

1610年慶長15年)に創建された。武蔵国橘樹郡稲毛領(現・神奈川県川崎市北部)に居住していた伊藤嘉兵衛が当地に移住し開拓した。開拓地(嘉兵衛新田)の産土神として天照大神を祀ったのが当社の起源である[1]

その後、綾瀬川改修工事で嘉兵衛新田は東西に分断された。明治以降の近代社格制度では村社に列せられ、当初の「神明宮」から「天祖神社」に改称した[1]

当社の氏子区域は、創建の経緯から旧嘉兵衛新田全域であったが、戦後に綾瀬川以西は稲荷神社(現・西加平神社)の氏子区域となっている。

昭和中期に行われた土地区画整理事業により、現在地に移転した[1]

境内神社[編集]

  • 稲荷社
  • 三峯社

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 東京都神社庁 編『東京都神社名鑑 上巻』東京都神社庁、1986年、433-434p

参考文献[編集]

  • 東京都神社庁 編『東京都神社名鑑 上巻』東京都神社庁、1986年