天石門別神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天石門別神(あまのいわとわけのかみ)は、日本神話に登場するである。

概要[ソースを編集]

古事記』の天孫降臨の段に登場する。邇邇芸命が天降る際、三種の神器常世思金神天力男神・天石門別神を添えたと記され、同段で天石戸別神は又の名を櫛石窓神(くしいわまどのかみ)、豊石窓神(とよいわまどのかみ)といい、御の神であると記されている。天孫降臨の段に登場する神の多くはその前の岩戸隠れの段にも登場しているが、この神は岩戸隠れの段には見えない。

天石門別神は古来より天皇の宮殿の四方の門に祀られていた神である。天太玉神の子ともいう。

天石門別神(櫛石窓神・豊石窓神)を祀る神社に天岩門別神社岡山県美作市)、櫛石窓神社兵庫県篠山市)、大祭天石門彦神社島根県浜田市)、天石立神社奈良県奈良市)、大谷神社高知県香美市)、天石門別神社茨木神社奥宮)(大阪府茨木市)などがある。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈[ソースを編集]

出典[ソースを編集]

参考文献[ソースを編集]