天棚機姫神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天棚機姫神[1](あめたなばたひめ)は日本神話に登場する女である。天八千千比売命天衣織女命という別名がある。また機織の神であることから栲幡千千姫命と同一神という説がある。

概要[編集]

古語拾遺に登場する。天照大御神天岩戸から誘い出すために、神衣和衣を織ったとされている。天羽槌雄神と共に機織の神として知られている。天棚機姫神は、天八千千比売命の母神であるという説があり、神道五部書の一つの倭姫命世記には、天八千千比売命は天棚機姫神の孫とされている。また、茨城県神社誌では天速玉姫神の母神とされている。

祀られている神社[編集]

天棚機姫神が登場する作品[編集]

小説[編集]

出典[編集]

  1. ^ 古語拾遺
  2. ^ 神社庁
  3. ^ 各地の倭文神社も参照
  4. ^ 神社庁
  5. ^ 遠江国敷知郡岡本村、敷知郡(引佐郡西浜名村岡本
  6. ^ 遠江国敷知郡三ヶ日村、敷知郡(引佐郡西浜名村三ヶ日
  7. ^ 『神様の御用人』特集 - メディアワークス文庫