天日謙作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天日謙作
Kensaku TENNICHI
西宮ストークス AC
役職 アシスタントコーチ
身長(現役時) 189cm (6 ft 3 in)
--
基本情報
本名 天日謙作
ラテン文字 Kensaku TENNICHI
日本語 天日謙作
誕生日 (1966-10-21) 1966年10月21日(52歳)
日本の旗 日本
出身地 大阪府羽曳野市
ドラフト  
選手経歴
1989-2001 松下電器
指導者経歴
2003-2005
2005-2010
2010-2016
パナソニック
大阪エヴェッサ
芦屋大学
代表歴
キャップ 日本の旗 1992年

天日 謙作(てんにち けんさく、1966年10月21日 - )は、大阪府羽曳野市出身のバスケットボール選手・指導者である。

来歴[編集]

峰塚中学校でバスケットボールを始め、羽曳野高校を経て、日本体育大学に進学。3年次にはインカレ優勝を経験する[1]

卒業後の1989年松下電器に進む。松下では日本リーグ2度、オールジャパン2度の優勝に貢献。第72回オールジャパンではベスト5に選出される。

1992年にはジョーンズ杯に出場する全日本B代表に選ばれる。

2001年に現役引退し、ポール・ウェストヘッド英語版ヘッドコーチの元でアシスタントコーチ就任。ウェストヘッド退任後の2003年にはヘッドコーチに昇格。

2005年に松下電器を退社し、bjリーグに参戦する大阪エヴェッサの初代ヘッドコーチに就任。リーグ初代王者に導き、最優秀コーチに選ばれる。

2006-07、2007-08も引き続き指揮を執り3連覇を達成したが、2009-10シーズンをもって退任した。

2010年9月、芦屋大学バスケットボール部ヘッドコーチ(客員教授)に就任[2]

2016年オフ、Bリーグ2部に参加する西宮ストークスヘッドコーチ(ライセンスの都合上肩書はアシスタントコーチ)就任[3]

2018-19シーズン アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城 HC

経歴[編集]

  • 羽曳野高校 - 日本体育大学 - 松下電器(1989年〜2001年) - 松下電器AC - パナソニックHC - 大阪HC

日本代表歴[編集]

  • 1992年ジョーンズ杯

豆知識[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 講師紹介>天日 謙作”. 有限会社 リトルフロンティア (2011年). 2015年9月3日閲覧。
  2. ^ 芦屋大学バスケットボール部”. 芦屋大学バスケットボール部 (2015年). 2015年9月3日閲覧。
  3. ^ “西宮ストークス、新指揮官に天日氏 バスケット”. 神戸新聞. (2016年6月13日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201606/0009181383.shtml 2017年7月5日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ポール・ウエストヘッド
パナソニックスーパーカンガルーズヘッドコーチ
2003-2005
次代:
清水良規