天文宇宙検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天文宇宙検定(てんもんうちゅうけんてい)は、天文宇宙に関する民間の検定試験である。

2011年に第1回検定が実施され、現在では、天文書などの出版社「恒星社厚生閣」や「天文宇宙検定委員会」の協力の下に、(2015年に法人登記された一般社団法人)天文宇宙教育振興協会が主催している、という形で行われている。

試験[編集]

2011年10月に第1回検定が実施されて以来、毎年10月頃に検定試験が実施されている。

2019年時点で、札幌仙台小松東京茅ヶ崎名古屋大阪岡山福岡名護の10都市で試験が実施されている[1][注 1][注 2]。受験に年齢などの制限はないが、1級の受験は2級の合格者に限られる。合格者には松本零士のオリジナルイラスト付き合格証が贈られる[1]

出題形式

すべてマークシート形式(4者択一方式)による回答記入方式。10分間の説明+試験時間50分[1]。2級、3級は2015年度から問題数が20問減って60問となった。

  • 1級 40問
  • 2級 60問
  • 3級 60問
  • 4級 40問
出題内容
  • 1級 天文宇宙博士 : 理工系大学で学ぶ程度の天文学知識を基本とし、天文関連時事問題や天文関連の教養力を試したい方を対象
  • 2級 銀河博士 : 高校生が学ぶ程度の天文学知識を基本とし、天文学の歴史や時事問題等を学びたい方を対象
  • 3級 星空博士 : 中学生で学ぶ程度の天文学知識を基本とし、星座などの教養を身につけたい方を対象
  • 4級 星博士ジュニア : 小学生が学ぶ程度の天文学知識を基本とし、天体観測や宇宙についての基礎的知識を得たい方を対象
合格基準
  • 1級:100点満点中70点以上で合格
  • 準1級:1級試験で60点~69点で合格
  • 2級:100点満点中70点以上で合格
  • 3級:100点満点中60点以上で合格
  • 4級:100点満点中60点以上で合格

監修委員[編集]

2019年時点で、以下の11名が監修委員に名を連ねている[2]

主催者[編集]

  • 一般社団法人 天文宇宙教育振興協会
    • 設立:2015年4月1日[3]
    • 代表理事:片岡一成[3](=恒星社厚生閣の代表取締役[4]
    • 事業内容:天文学・宇宙工学の普及を目的とした検定・イベント主催、書籍・映像の企画販売、商品の企画、製作および販売など[3]
    • 所在地 東京都新宿区四谷三栄町3-14[3]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2014年10月の第4回検定試験では台風19号の影響により沖縄会場の検定試験が中止となり、翌日に「非公式検定」として実施された。
  2. ^ 茅ヶ崎は3級・4級のみ実施。

出典[編集]

  1. ^ a b c 受験のご案内”. 天文宇宙検定委員会. 2019年10月14日閲覧。
  2. ^ 天文宇宙検定とは”. 天文宇宙検定委員会. 2019年10月14日閲覧。
  3. ^ a b c d 天文宇宙検定公式ページ
  4. ^ [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]