天徳 (前李朝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天徳(てんとく)はベトナム前李朝万春国を建国した李賁が使用した元号。544年 - 548年。大徳とも表記される。


西暦等との対照表[編集]

天徳 元年 2年 3年 4年 5年
西暦 544年 545年 546年 547年 548年
干支 甲子 乙丑 丙寅 丁卯 戊辰
大同10年 大同11年 大同12年
中大同元年
中大同2年
太清元年
太清2年

出典[編集]

  • 大越史記全書』外紀,卷之四,前李紀
    • 甲子,天徳元年.梁大同十年.春,正月,帝因勝敵,自稱南越帝,即位,建元,置百官.
    • 丁卯,四年.梁太清元年.(中略)右李南帝,起辛酉,終丁卯,凡七年.

参考文献[編集]

  • 黎僖ほか撰、陳荊和編校『校合本 大越史記全書(上)』(東洋学文献センター叢刊42、東京大学東洋文化研究所附属東洋学文献センター刊行委員会、1984年)(「天徳」に作る。校勘に「大徳」なし)
  • 鄧洪波編 『東亜歴史年表』(台北:台湾大学出版中心,2005年3月) ISBN 9860005184 (「大徳」に作る)

関連項目[編集]