天孫神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天孫神社
Otsu Tenson Shrine Entrance.JPG
天孫神社南(大津駅側)神門
(平成21年(2009年)10月11日撮影)
所在地 滋賀県大津市京町3-3-36
位置 北緯35度00分20.6秒
東経135度52分01.6秒
主祭神 彦火火出見尊他3柱
社格 国史見在社論社・旧県社
創建 伝延暦年間(8・9世紀の交)
本殿の様式 流造
別名 四宮
例祭 10月の体育の日の前日の日曜日
テンプレートを表示

天孫神社(てんそんじんじゃ)は、滋賀県大津市にある神社社格旧県社

祭神[編集]

  • 彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
  • 国常立尊(くにのとこたちのみこと)
  • 大己貴尊(おおなむちのみこと)
  • 帯中津日子尊/仲哀天皇(たらしなかつひこのみこと/ちゅうあいてんのう)
    • 以上四柱の主神の他に塩土翁/塩土老翁(しおつちのおじ)も祀っているとされる。

由緒[編集]

延暦年間(782年806年)の創建と伝えられる。はじめ琵琶湖畔にあったが、文明年間(1469年1487年)に現在地に移った。元慶6年(882年)に従五位下の神位を授けられた「近江国海南神」[1]と見られている国史見在社論社である[2]明治維新までは「四宮神社」と称したが、明治初年に現在の社号となった。

末社[編集]

  • 天満宮社(てんまんぐうしゃ)
  • 日若宮社(ひわかじんじゃ)
  • 十社合祀
    • 春日神社(かすがじんじゃ)
    • 大神宮社(だいじんぐうしゃ)
    • 八幡神社(はちまんじんじゃ)
    • 八百萬神社(やおよろずじんじゃ)
    • 蛭子神社(えびすじんじゃ)
    • 金山彦神社(かなやまひこじんじゃ)
    • 稲荷神社(いなりじんじゃ)
    • 日吉神社(ひよしじんじゃ)
    • 住吉神社(すみよしじんじゃ)
    • 猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)
  • 福富稲荷神社(ふくとみいなりじんじゃ)
  • 輻輳神社(ふくそうじんじゃ)


他に社務所、舞殿、神楽殿、神輿蔵、手水舎(ちょうずや)などがある。(かつては絵馬殿もあった。)

祭礼[編集]

本祭・曳山巡行中の曳山。経路内には京阪京津線と併走する箇所も存在する(平成21年10月11日)撮影。
曳山から撒かれる厄除けちまき

例祭は10月の体育の日の前日の日曜日(かつては10月10日)。例祭前日土曜日の宵宮(かつては10月9日)と併せて大津祭と称される(古くは四宮祭礼、四宮祭と称した)。日吉大社の山王祭、建部大社の祭礼とともに大津三大祭のひとつに数えられる。また、山王祭、長浜曳山とともに湖国三大祭のひとつともなっている。かつては10月9日が宵宮、10日が本祭(曳山巡行)であったが、体育の日が10月10日から10月第2月曜日へ変更になり、これに合わせその前々日、前日に行われるようになった。本祭では13基の曳山(山車)が市内を巡行する。各曳山にはからくり人形が乗せられており、各所で所望(しょうもん)が披露される。幕末までは曳山は14基あった。大津祭の起源は、慶長年間(1596年~1615年)に鍛冶屋町の塩売治兵衛が狸の面をつけて踊ったのが最初とされる。 寛永以降およそ150年ほどかけて14基の曳山が造られていった。 2016年3月2日、国の重要無形民俗文化財に指定された。

大津祭の曳山一覧[編集]

  • 西行桜狸山(さいぎょうざくらたぬきやま)鍛冶屋町 1635年創建。俗に狸山とも呼ばれる。唯一の「くじ取らず」で毎年先頭で巡行する。所望は、能楽の西行桜から考案したもの。桜の古木の中から桜の精が現れて枝を前に進み立ったり座ったりする。これは西行法師と問答している様子を表している。1656年以前は狸の腹鼓のからくりであった。西行桜に替わった時に狸を屋根に乗せるようになったと云う。
  • 猩々山(しょうじょうやま)南保町 1637年創建。能楽の猩々から考案したもの。所望は、高風が酌んだ酒を、猩々が大盃で飲み、扇子で顔を覆うと赤く変面する。
  • 西王母山(せいおうぼざん)丸屋町 1656年創建。俗に桃山とも呼ばれる。崑崙山に住むと言われる西王母から考案したもの。後に桃太郎の説話を加味したものとなった。所望は、桃が二つに割れ桃童子が生まれ、枝を前に進み立ったり座ったりする。西王母の伝説に桃太郎の説話を加味したものであろう。
  • 西宮蛭子山(にしのみやえびすやま)白玉町 1658年創建。俗に鯛釣山とも呼ばれる。蛭子を出して飾っていたものを、後に曳山に載せるようになった。所望は、蛭子の前を2匹の鯛が泳いでおり、蛭子がその鯛を釣り上げ、太郎冠者の魚籠に入れる。創建当初は宇治橋姫山と称した。
  • 殺生石山(せっしょうせきざん)柳町 1662年創建。俗に玄翁山、狐山とも呼ばれる。能楽の殺生石から考案したもの。所望は、玄翁和尚の法力により殺生石が二つに割れ、玉藻前が顔を扇子で隠すと顔が狐に変わる。
  • 湯立山(ゆたてやま)玉屋町 1663年創建。俗におちゃんぽ山とも呼ばれる。天孫神社の湯立ての神事から。所望は、禰宜がお祓いをし、市殿が笹で湯を奉り、飛矢が鉦を叩き神楽を奏する。湯立山創建以前には孟宗山(1626年創建という)を所有していた。
  • 郭巨山(かっきょやま)後在家町・下小唐崎町 1693年創建。俗に釜掘山とも呼ばれる。中国二十四孝の一人郭巨から考案したもの。所望は、郭巨が子を埋めようと鍬で穴を掘ると黄金の釜が現れる。創建当初は橋本町が所有していたが、明治期に鍛冶屋町を経て現二ヶ町に譲られた。
  • 孔明祈水山(こうめいきすいざん)中堀町 1694年創建。略して孔明山とも。蜀の諸葛孔明から考案したもの。所望は、趙雲が鉾を突き出すと水が涌き上がり、孔明が扇を上げ喜ぶ様子を表現している。創建当初は福聚山(町内文書によると三福神福裏山)と称し、釣狐山、浦島亀釣山を経て現名称となる。
  • 石橋山(しゃっきょうざん)湊町 1705年創建。俗に唐獅子山とも呼ばれる。謡曲石橋から考案したもの。所望は、岩石の中から唐獅子が出てきて牡丹の花に戯れ遊び、また岩の中に隠れる。かつては長い橋樋を用いて牡丹に獅子が戯れる様子が見られたと云う。創建当初は靭猿山と称し、張良山を経て現名称となる。
  • 龍門滝山(りゅうもんたきやま)太間町 1717年創建。俗に鯉山、鯉滝山とも呼ばれる。登竜門の故事から考案したもの。所望は、龍門山の滝を鯉が躍り上がり、滝の中ほどで翼を左右に広げ雲の中に消えていくことで龍への変身を表している。
  • 源氏山(げんじやま)中京町 1718年創建。俗に紫式部山とも呼ばれる。紫式部源氏物語から考案したもの。所望は、紫式部が月を見ながら構想を練る様子を表現。紫式部の周りを様々な小人形(汐汲翁娘、船頭、牛車、従者など)や風景(松立木、小屋、釜戸)が現れては消えてゆく。
  • 神功皇后山(じんぐうこうごうやま)猟師町 1749年創建。略して神功山とも。神功皇后が鮎を釣り戦勝を占ったという伝説から考案したもの。所望は、皇后が岩に弓で字を書く所作をすると、岩に文字が現れる。終戦直後は鮎を釣る所望であった。かつては鮎釣山、征韓山とも呼ばれた。安産の山とされる。
  • 月宮殿山(げっきゅうでんざん)上京町 1776年創建。俗に鶴亀山とも呼ばれる。謡曲の鶴亀(月宮殿)から考案したもの。所望は、頭上に鶴の冠をつけた女の舞人と亀の冠をつけた男の舞人が皇帝の前で舞う。創建当初は鳳凰臺山と称した。

休山

  • 神楽山(かぐらやま)堅田町 1637年創建。三輪山とも呼ばれる。明治初年に町内の財政が逼迫し人形と幕類を残して本体は京都に売られたと云い、現在は居祭を行っている。所望は、三輪明神が舞を舞い、禰宜が締太鼓を叩き、市殿が鈴を振り、飛屋が鉦を叩き神楽を奏し神をいさめようとする所を表現したものであった。所望もだが外見も湯立山と殆ど同じだったという。近年、神楽山の描かれた刷り物(当時のパンフレットのようなもの)が発見された。

その他[編集]

ねりもの

  • 布袋(ほてい)新町 創始は詳らかではないが、1693年には存在していた事が、古文書「四宮祭礼牽山永代伝記」により明らかで、現存する唯一のねりもので、宵宮と本祭両日に町内に飾られる。いつまで巡行に参加していたかは不明ではあるが、昭和3年の御大典の時にねり歩いた記録が残っている。

布袋以外にも古くは多くの町内がねりものとして参加しており、曳山町も半数は元々ねりものを出していた。1693年には17カ町がねりものを出している。 一番最後までねりものとして巡行していたのは明治18年まで巡行していた坂本町の花であるが、その痕跡も伝承も残っていない定した題材ではなく毎年のように変わる町内もあった。 現在のお渡りに使われている獅子は元は八幡町の出のていたねりものの獅子だと云われている。

神輿

  • 大宮(おおみや)天孫神社に祀られている神輿2基の内。昭和の30年代頃までは神輿渡御で舁かれていたが、やがて人手不足等でオート三輪に乗せるようになり、舞殿に飾るだけとなり、蔵に入れられたままになっていた。平成27年に国指定祈念ということでおよそ60年ぶりくらいに舞殿に飾られた。
  • 二宮(にのみや)天孫神社に祀られている神輿2基の内。大宮と同じくかつては神輿渡御に出ていた。その後大宮と同じ経過で蔵に入れられたままとなる。こちらは平成27年に出される事はなかった。
  • 神輿(みこし)下百石町 「伊勢参宮名所図会」に紙の神輿という名で登場する。かつては天孫神社の神輿と共に舁かれていたが、これも人手不足などで町内に飾るだけとなっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本三代実録』同年10月9日条。
  2. ^ 『日本の神々』。

参考文献[編集]

  • 谷川健一編『日本の神々-神社と聖地』第5巻山城・近江《新装復刊》、白水社、平成12年ISBN 978-4-560-02505-5(初版は昭和61年)
  • 大津祭 パンフレット (平成26年)

外部リンク[編集]