天台駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天台駅
Tendai Station 2.jpg
駅北側 東側・西側出入口(2012年2月)
てんだい
Tendai
CM05 作草部 (0.7 km)
(0.9 km) 穴川 CM07
所在地 千葉市稲毛区天台一丁目1095-2
北緯35度37分53秒 東経140度6分46秒 / 北緯35.63139度 東経140.11278度 / 35.63139; 140.11278座標: 北緯35度37分53秒 東経140度6分46秒 / 北緯35.63139度 東経140.11278度 / 35.63139; 140.11278
駅番号 CM06
所属事業者 千葉都市モノレール
所属路線 2号線
キロ程 2.5 km(千葉起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
2,206人/日(降車客含まず)
-2019年-
乗降人員
-統計年度-
4,379[1]人/日
-2019年-
開業年月日 1991年(平成3年)6月12日[2]
備考 無人駅
テンプレートを表示
駅南側(2012年2月)

天台駅(てんだいえき)は、千葉県千葉市稲毛区天台一丁目にある、千葉都市モノレール2号線である。駅番号CM06

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅。駅東側のJR天台社宅跡には、ジェイアール東日本都市開発による駅ビルとしてskip天台[4]が隣接する。

のりば[編集]

番線 路線 行先 備考
1 千葉都市モノレール 2号線 都賀千城台方面
2 千葉千葉みなと方面 千葉みなと方面行は千葉駅から1号線へ直通

利用状況[編集]

2019年度の1日平均乗車人員は2,206人である[5]。千葉都市モノレールの駅では、18駅中7位。

近年の1日平均乗車人員推移は下記の通り。

年度 一日平均
乗車人員
1999年 1,696
2000年 1,692
2001年 1,666
2002年 1,681
2003年 1,653
2004年 1,642
2005年 1,719
2006年 1,797
2007年 1,765
2008年 1,757
2009年 1,775
2010年 1,748
2011年 1,662
2012年 1,725
2013年 1,769
2014年 1,752
2015年 1,735
2016年 1,811
2017年 1,978
2018年 2,197
2019年 2,206

駅周辺[編集]

駅直下を国道126号が通っており、駅周辺は閑静な住宅街が広がる。当駅の西側から西千葉駅方面にかけては、千葉大学をはじめ多くの学校が林立する文教地区として知られる[6]

西側[編集]

千葉市稲毛区役所
千葉大学西千葉キャンパス(北門)
敬愛大学 稲毛キャンパス

当駅西側出入口方面。

東側[編集]

民間の倉庫として使用されていた旧陸軍気球連隊第二格納庫(2018年)。天台駅の東側にあったが、2020年解体。

当駅東側出入口方面。

バス路線[編集]

路線バス
高速バス

隣の駅[編集]

千葉都市モノレール
千葉都市モノレール 2号線
作草部駅(CM05) - 天台駅(CM06) - 穴川駅(CM07)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 移動等円滑化取組報告書 2019年度(軌道駅) (PDF)”. 千葉都市モノレール. 2021年7月29日閲覧。
  2. ^ a b c 曽根悟(監修) 著、朝日新聞出版分冊百科編集部 編 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』 30号 モノレール・新交通システム・鋼索鉄道、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年10月16日、6頁。 
  3. ^ “2009年3月14日、新たに3事業者でPASMOがご利用いただけるようになります。” (日本語) (PDF) (プレスリリース), PASMO協議会/パスモ, (2008年12月22日), オリジナルの2015年4月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150414235704/http://www.tokyu.co.jp/file/081222.pdf 2021年9月4日閲覧。 
  4. ^ 天台/Skip天台|駅ビルポータルサイト「駅パラ」”. 駅パラ. 2020年1月8日閲覧。
  5. ^ 千葉県統計年鑑
  6. ^ 三好好三『総武線120年の軌跡』JTBパブリッシング、2014年2月。ISBN 978-4533096310

関連項目[編集]

外部リンク[編集]