天台院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
天台院
紫雲山天台院01.JPG
紫雲山天台院山門
所在地 大阪府八尾市西山本町2丁目5-8
位置 北緯34度37分45秒
東経135度37分3.2秒
山号 紫雲山
宗派 天台宗
創建年 不明(南北朝時代)
開基 (伝)文観
法人番号 2122005002049
テンプレートを表示

天台院(てんだいいん)とは、大阪府八尾市西山本町(旧:河内国若江郡八尾中野村)にある天台宗仏教寺院。山号は紫雲山。

歴史・概要[編集]

天台宗総本山である比叡山延暦寺の末寺。室町時代初期、朝廷が南朝・北朝に分裂していた頃の創建とされている。開基は文観上人と伝えられており、確証はないが河内長野市天野山金剛寺に伝わる「釈摩訶行論」の奥書きに、上人は 壮年四天王寺に遊び、また河内国に錫をとどめていた と記され、このとき 河内に小庵を結んだ とあり、その小庵が天台院であるとされている。

昭和26年(1951年)、今東光が本山から住職として派遣された。今東光が派遣された頃の寺は木造の古びたボロ堂宇で、檀家が三十数件の貧乏寺であった。和尚は24年間ほど住職として滞在した。その間作家・政治家として活躍し、寺も世間の注目を集めていた。

現在はコンクリート製の立派な堂宇となり、境内には八尾文化協会による「東光碑」が建てられた。

境内に無畏智道上人の碑(文化4卯年7月8日)があり、さらに碑の前方に井戸があり、「智道の水」として知られている。

参考文献[編集]

  • 『八尾の史跡 新訂版』 129頁(NPO法人やお文化協会 編、2011年)
  • 「天台院小史(今春聽著)」『河内史談・参』所収(東大阪新聞社 1953)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]