大麻止乃豆乃天神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大麻止乃豆乃天神社
Oomatono Tsunoten Shinto Shrine in Inagi taken in May 2009.jpg
拝殿(2009年5月)
所在地 東京都稲城市大丸847
位置 北緯35度38分45.8秒
東経139度29分30.62秒
主祭神 櫛真智命
社格 式内小社論社・旧郷社
本殿の様式 流造
例祭 10月第1土曜日の翌日曜日
テンプレートを表示
鳥居 (2009年5月)
狛犬。「天保十二辛丑年六月吉祥日」(1841年)と彫られている。 (2009年5月)
境内からの多摩川中流域の沖積地の眺め。多摩川にかかる稲城大橋が見える。(2009年5月)

大麻止乃豆乃天神社(おおまとのつのてんじんしゃ、おおまとのつのあまつかみのやしろ)は、東京都稲城市大丸に鎮座する神社である。旧社格郷社。櫛真智命(くしまちのみこと)を祭神とする。

概要[編集]

ごく小さな社であり由緒ははっきりしないが、『式内社調査報告』では、『延喜式神名帳』に記載される武蔵国多摩郡「大麻止乃豆乃天神社」が当社であるとしている。しかし、式内・大麻止乃豆乃天神社については東京都青梅市武蔵御嶽神社論社となっており、明治初年には武蔵御嶽神社が大麻止乃豆乃天神社と称していた。

なお「おおまとのつ」とは「大きく丸い平地にある船着き場」という意味ではないかと考えられている[1]。実際、この神社の神域に隣接する普門禅庵の前の低地の旧地名は「イリガタ」であり、天神山と城山(室町時代の砦の遺構あり)に挟まれた古多摩川潟湖であった。

この神社が立地する稲城市大丸という地名も、「大きく丸い平地」という意味であるとされるが、この地は古代から多摩川の渡河点の一つ(府中街道と川崎街道がここで合流する)であり、があったと考えるのは妥当であろう。ちなみに前出の城山も、多摩川の渡河点を押さえる目的で築かれたと考えられている。

祭神[編集]

祭神は櫛真智命(くしまちのみこと)とされている。記述のようにこの神社は、そもそも由緒が知られていない古社であったが、やはり『延喜式神名帳』に記載されている大和国十市郡の天香山坐櫛眞命神社(現 天香山神社)に「元名 大麻等乃智神」との注記があることから、当社も天香山神社と同じ祭神であろうと考えられたものである。江戸時代までは丸宮明神(まるみやみょうじん)と称していたが、これは「麻止乃宮明神」が転じたものという説もある。

由緒[編集]

立地[編集]

多摩丘陵中部の北辺に位置し、境内からは多摩川中流域の沖積地が一望出来る。境内の裏山はかつては城山と呼ばれ、中世には大丸城という山城が築かれていたが、現在は多摩ニュータウン向陽台住区となっている。参道の両脇には円照寺、直心庵という仏教寺院があり、境内の北側にはやはり普門禅庵という仏教寺院がある。

境内社として津島神社白山神社稲荷神社秋葉神社神明神社がある。

祭事[編集]

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 稲城市教育委員会編『稲城の地名と旧道』73頁。