大鹿卓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大鹿 卓(おおしか たく、1898年8月25日 - 1959年2月1日)は、日本の小説家詩人

愛知県海部郡津島町(現:津島市)生まれ。本名は大鹿 秀三(ひでぞう)。金子光晴の実弟である。

東京府立第一中学校を経て、京都帝国大学経済学部中退、秋田鉱山専門学校卒業。化学教師を務めながら詩を書く。1935年「野蛮人」で『中央公論』懸賞小説二席。1937年「探鉱日記」で芥川賞候補。1942年『渡良瀬川』で新潮社文藝賞受賞。

著書[編集]

  • 兵隊 詩集 (文芸社 1926年)
  • 野蛮人 創作集 (巣林書房 1936年)
  • 潜水夫 他六篇 (新潮社(新選純文学叢書) 1937年)
  • 火薬 (版画荘文庫 1937年)
  • 金山 (春陽堂(生活文学選集) 1939年)
  • 探鉱日記 (竹村書房 1939年)
  • 千島丸 短篇小説傑作集 (人文書院 1939年)
  • 都塵 (河出書房(短篇集叢書) 1940年)
  • 渡良瀬川 (中央公論社(新作長篇叢書) 1941年)
  • 楽章 (協力出版社 1941年)
  • 神楽歌 (小学館 1941年)
  • 汝を愛す (平凡社 1941年)
  • かしはらをとめ (愛宕書房 1942年)
  • 我は山の子 (小学館 1943年)
  • 母の夢 (三宝書院(三宝文庫) 1943年)
  • 三つの恋 (湊書房 1946年)
  • 梅花一両枝 (洗心書林 1948年)
  • 強く生きた日本の女性 (三笠新書 1955年)
  • 谷中村事件 ある野人の記録 (大日本雄弁会講談社 1957年)
  • 松の実 歌集 (白玉書房 1963年)

復刊[編集]

  • 野蛮人(日本植民地文学精選集18(台湾編6))(ゆまに書房 2000年9月)
  • 大鹿卓作品集(日本植民地文学精選集45(樺太編2))(ゆまに書房 2001年9月)
  • 谷中村事件 (新泉社 2009年12月)

外部リンク[編集]