大鳥神社 (曖昧さ回避)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大鳥神社(おおとりじんじゃ)、大鳥社(おおとりしゃ)とは、神社の名称。

いわゆる大鳥大社を総本社とする大鳥信仰(おおとりしんこう)の神社である。日本武尊の白鳥伝説(白鳥信仰)との関わりが深い。また関東では江戸時代以降、酉の市で有名なところも多くある。なお、大鳥神社 (甲賀市)のように大鳥信仰とは無関係な神社もある。

社号としては、鷲神社大鷲神社などと書いても「おおとりじんじゃ」と読む例が見られる。また、鷲宮神社日鷲神社天日鷲神社などと称する例もある。

宗教法人としては全国に大鳥神社が20社(大鳥大社含む)、大鳥神社を名称に含む神社が2社、大鳥社が1社存在する。

一覧[編集]

大鷲神社 (曖昧さ回避)鷲神社 (曖昧さ回避)鷲宮神社 (曖昧さ回避)日鷲神社 (曖昧さ回避)も参照。

関連項目[編集]