大鰐町スキージャンプ台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大鰐町スキージャンプ台
"滝ノ沢シャンツェ"
Takinosawa Schanze.jpg
大鰐町スキージャンプ台の位置(青森県内)
大鰐町スキージャンプ台
施設情報
所在地
日本の旗 日本
自治体 青森県南津軽郡大鰐町虹貝
位置 北緯40度30分4.5秒
東経140度34分20秒
座標: 北緯40度30分4.5秒 東経140度34分20秒
開場 1950年代?
改修 1983年、2002年、2015年
所有者 大鰐町
管理者 大鰐町教育委員会
サイズ
K点 90 m
ヒルサイズ 100 m
ヒルレコード

大会

大鰐町スキージャンプ台(おおわにまちスキージャンプだい)は、青森県南津軽郡大鰐町にあるスキージャンプ場。阿闍羅山の西斜面にある。通称は滝ノ沢シャンツェ(たきのさわシャンツェ)。大鰐町が所有し、大鰐町教育委員会が管理運営をしている[1]

概要[編集]

ノーマルヒルに分類されるジャンプ台で、K点90m、2004年導入のヒルサイズは100m。

バッケンレコード2016年2月5日の第65回全国高等学校スキー大会中村優斗が記録した100.0m。女子の記録は第65回全国高等学校スキー大会で丸山希が記録した93.5m。2015年の改修工事以前のバッケンレコードは2003年2月6日開催の第5回アジア冬季競技大会船木和喜が記録した98.0m。

この他40m級のミディアムヒル(記念シャンツェ)と20m級のスモールヒル(あじゃらスモールシャンツェ)があり、スモールヒルは夏季の使用も可能であったが、どちらも現在は使われなくなっている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]