大顎類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大顎亜門から転送)
移動先: 案内検索
節足動物
分類
: 動物界 Animalia
亜界 : 真正後生動物亜界 Eumetazoa
階級なし : 前口動物 Protostomia
上門 : 脱皮動物上門 Ecdysozoa
: 節足動物門 Arthropoda
階級なし : 大顎類 Mandibulata
亜門

大顎類(たいがくるい)は、節足動物門の一部に使用された分類群の名称。六脚類(広義の昆虫)、甲殻類多足類ムカデなど)を含むとされ、鋏角亜門クモ綱カブトガニ綱等)と姉妹群をなすとされた。口器として大顎を持つのが名前の由来になっている。これは口の直後の体節の付属肢に由来し、その次の付属肢も小顎として口器に参加する。口の前には一対ないし二対の触角がある。この点で触角を欠き、口器として鋏角のみを持つ鋏角類とはっきりとした違いを見せている。

大顎類はかつて亜門階級(大顎亜門)の分類であり、そのうち内顎類昆虫綱に含め、甲殻類は綱階級(甲殻綱)だった。現在の分類では、六脚類甲殻類多足類を独立の亜門として扱い、大顎類はそのまま階級なしの単系統となる。そのうち六脚類多足類との関連が否定され、側系統である甲殻類から分岐したことが定説になった。(詳しくは汎甲殻類を参照)

節足動物門

鋏角亜門


大顎類

多足亜門



汎甲殻類甲殻亜門六脚亜門





また、胚発生などの共通点から大顎類仮説に対立し、Myriochelataという鋏角類多足類を姉妹群にする仮説は提出されたが[1]分子系統学的研究では大顎類の単系統性が強く支持されている。

参考文献[編集]

  1. ^ Velvet worm development links myriapods with chelicerates