大韓航空015便着陸失敗事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大韓航空 015便
Korean Air Lines Boeing 747-200 at Zurich Airport in May 1985 version2.jpg
事故機と同型機の大韓航空機(当時の塗装)
出来事の概要
日付 1980年11月19日
概要 濃霧の中の着陸失敗
現場 Flag of South Korea.svg金浦国際空港
乗客数 212
乗員数 14
死者数 15
生存者数 211
機種 ボーイング747-200B
運用者 Flag of South Korea.svg大韓航空(KAL)
機体記号 HL7445

大韓航空015便着陸失敗事故は、1980年に韓国金浦空港で発生した航空事故である。事故原因は濃霧による視界不良のために進入がアンダーシュートになったパイロットミスであったとされている。

概略[編集]

1980年11月19日大韓航空015便はボーイング747-200B旅客機(機体記号:HL7445、1979年製造)で運航されており、ロサンゼルスアンカレッジ経由のソウル便であった。フライトプラン上の定刻は午前7時20分(現地時間、日本時間も同じ)であったが、当時のソウルの金浦空港は濃い朝霧に覆われており、視界も800mから1000mしかなかった。

このような状態の中で着陸進入したが、運航乗務員が高度を早く下げすぎたために、滑走路手前の堤防にエンジンをぶつけ、バランスを崩し滑走路に機体を着地させてしまった。015便は胴体着陸したかのような状態で2kmにわたり滑走路を滑走したあとで停止した。機体は停止後に出火したが、燃料が少なかったためか爆発することもなく、脱出する時間的余裕があったため多くの乗員乗客が緊急脱出に成功した。しかし機体は完全に焼失した。

この事故で乗員乗客226名のうち15名(乗員6名、乗客9名)が犠牲になった。また、乗客のうち日本人は82名で、そのうちの77名は関西の旅行会社が企画したアメリカ西海岸ツアーの団体客であった。そのうち女性1名が犠牲になった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]