大韓民国の地震の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2000年1月からの韓国の地震の震源地マップ(M2.0以上)。
2000年から2017年の間に朝鮮半島で発生した地震のマグニチュード

本項では大韓民国の地震を一覧にする。

解説[編集]

朝鮮半島は、地震の発生が比較的少なく、津波記録もほとんどないと言われている。しかし、実際には古くからの地震の記録が存在し、最古のものとしては『三国史記』に2年に発生した地震の記述が見られる。以下被害記録があるものとして27年、34年、37年、89年などと、京畿道広州における大地震、家屋倒壊および液状化の記録がある[1]。『三国史記』や『高麗史』『朝鮮王朝実録』に記された被害内容などからマグニチュード6.0以上と推定されるものもあって[2]、16世紀から17世紀にかけて比較的多くの地震が発生している。史上最大規模とされる地震は1681年6月28日に発生した、江原道襄陽郡三陟の地震(韓国東海岸地震)とされ、推定されるマグニチュードは7.0〜7.5で海震や津波と見られる記述もあるという[2]

朝鮮半島で発生した主な歴史地震
地震名 規模 備考
慶州地震 779年 Mw 6.7–7.0
ソウル地震 1518年 Mw 6.7
蔚山地震 1643年 Mw 6.7–7.4 大韓民国および朝鮮半島史上2番目に規模が大きい地震[3]
襄陽地震 1681年 Mw 7.5 大韓民国および朝鮮半島で発生した史上最大級の地震[2][3]

1978年以降の地震の一覧[編集]

以下は、大韓民国気象庁が「中央観象台」時代に観測を始めた1978年以降に、大韓民国で発生したマグニチュード4.5以上の地震の一覧である[4][5]。括弧で示した地震は朝鮮民主主義人民共和国の領域で起きたもの。

名称 発生日 震央 規模(Ml) USGSリンク
(平安南道西部海域の地震) 1978年8月30日 平安南道西部海域
北緯39度06分 東経124度12分 / 北緯39.1度 東経124.2度 / 39.1; 124.2 (平安南道西部海域の地震)
4.5 M 4.5 - China-North Korea border region
俗離山地震 1978年9月16日 忠清北道報恩郡俗離山付近
北緯36度36分 東経127度54分 / 北緯36.6度 東経127.9度 / 36.6; 127.9 (俗離山地震)
5.2 M 4.6 - South Korea
洪城地震 1978年10月7日 忠清南道洪城郡洪城邑
北緯36度36分 東経126度42分 / 北緯36.6度 東経126.7度 / 36.6; 126.7 (洪城地震)
5.0
(義州地震) 1980年1月8日 平安北道西部義州郡朔州郡亀城市の地域
北緯40度12分 東経125度00分 / 北緯40.2度 東経125.0度 / 40.2; 125.0 (義州地震)
5.3 M 5.0 - China-North Korea border region
浦項海域の地震 1981年4月15日 慶尚北道浦項市の東・約65kmの海域
北緯35度54分 東経130度06分 / 北緯35.9度 東経130.1度 / 35.9; 130.1 (浦項海域の地震)
4.8 M 5.3 - Korea Strait
蔚珍海域の地震 1982年3月1日 慶尚北道蔚珍郡の北東・約45kmの海域
北緯37度12分 東経129度48分 / 北緯37.2度 東経129.8度 / 37.2; 129.8 (蔚珍海域の地震)
4.7 M 5.0 - South Korea
紅島海域の地震 1994年7月26日 全羅南道新安郡紅島の北西約100kmの海域
北緯34度54分 東経124度06分 / 北緯34.9度 東経124.1度 / 34.9; 124.1 (紅島海域の地震)
4.9 M 5.2 - Yellow Sea
寧越地震 1996年12月13日 江原道寧越郡の東約20kmの地域
北緯37度12分 東経128度48分 / 北緯37.2度 東経128.8度 / 37.2; 128.8 (寧越地震)
4.5 M 4.8 - South Korea
紅島海域の地震 2003年3月23日 全羅南道新安郡・紅島の北西約50kmの海域
北緯35度00分 東経124度36分 / 北緯35.0度 東経124.6度 / 35.0; 124.6 (紅島海域の地震)
4.9 M 4.8 - Yellow Sea
白翎島海域の地震 2003年3月30日 仁川広域市甕津郡白翎島の南西約80kmの海域
北緯37度48分 東経123度42分 / 北緯37.8度 東経123.7度 / 37.8; 123.7 (白翎島海域の地震)
5.0 M 4.7 - Yellow Sea
蔚珍海域の地震 2004年5月29日 慶尚北道蔚珍郡の東約80kmの海域
北緯36度48分 東経130度12分 / 北緯36.8度 東経130.2度 / 36.8; 130.2 (蔚珍海域の地震)
5.2 M 5.3 - South Korea
五台山地震朝鮮語版 2007年1月20日 江原道平昌郡道岩面・珍富面の境界地域
北緯37度41分 東経128度35分 / 北緯37.68度 東経128.59度 / 37.68; 128.59 (五台山地震)
4.8 M 4.7 - South Korea
黒山島海域の地震 2013年4月21日 全羅南道新安郡黒山面の北西101kmの海域
北緯35度10分 東経124度34分 / 北緯35.16度 東経124.56度 / 35.16; 124.56 (黒山島海域の地震)
4.9 M 4.8 - 160km WNW of Sinan, South Korea
白翎島海域の地震 2013年5月18日 仁川広域市甕津郡・白翎島の南31kmの海域
北緯37度41分 東経124度38分 / 北緯37.68度 東経124.63度 / 37.68; 124.63 (白翎島海域地震)
4.9 M 4.8 - 80km WSW of Ongjin, North Korea
格列飛列島海域の地震 2014年4月1日 忠清南道泰安郡格列飛列島の北西100kmの海域
北緯36度57分 東経124度30分 / 北緯36.95度 東経124.5度 / 36.95; 124.5 (格列飛島海域地震)
5.1 M 5.0 - 136km SW of Ongjin, North Korea
蔚山東部海域の地震朝鮮語版 2016年7月5日 蔚山広域市の東52kmの海域
北緯35度31分 東経129度59分 / 北緯35.51度 東経129.99度 / 35.51; 129.99 (蔚山東部海域の地震)
5.0 M 4.7 - 52km E of Ulsan, South Korea
慶州地震 2016年9月12日 慶尚北道慶州市南南西8kmの地域
北緯35度46分 東経129度11分 / 北緯35.76度 東経129.19度 / 35.76; 129.19 (慶州地震)
5.8 M 5.4 - 6km S of Kyonju, South Korea
浦項地震 2017年11月15日 慶尚北道浦項市北9km
北緯36度07分 東経129度22分 / 北緯36.12度 東経129.36度 / 36.12; 129.36 (浦項地震)
5.4 M 5.4 - 9km WNW of Hoko, South Korea

脚注[編集]

  1. ^ 文部省震災予防評議会 『dcc大日本地震史料 増訂』 1943年 国立国会図書館サーチ
  2. ^ a b c 秋教昇(2005) (PDF) 秋教昇、朴昌業、都司嘉宣(2005): 韓半島で発生した最大級の地震-1681 年6 月韓国東海岸地震-, 歴史地震, 第20号, 169-182.
  3. ^ a b 1681년 양양 대지진 - 나무위키”. namu.wiki. 2020年10月19日閲覧。[出典無効]
  4. ^ 기상청 - 지진: 규모별 순위
  5. ^ 기상청 - 국내 지진 목록

関連項目[編集]

  • 歴史地震 - 世界各国の歴史上の地震。朝鮮半島についても記載あり。