大韓帝国愛国歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
:대한제국애국가
和訳例:大韓帝国愛国歌

国歌の対象
李氏朝鮮の旗 李氏朝鮮
Flag of Korea (1882-1910).svg 大韓帝国

作詞 閔泳煥
作曲 フランツ・エッケルト
採用時期 1902年
採用終了 1910年
テンプレートを表示

大韓帝国愛国歌(だいかんていこくあいこくか、대한제국애국가)は大韓帝国李氏朝鮮)の国歌である。

1901年光武5年)、『君が代』の編曲に携わったフランツ・エッケルト高宗による指示を受け作曲し、1902年(光武6年)9月9日、初めて演奏された。作詞は閔泳煥により行われた。ただ現在残っている記録によれば、大韓帝国時代に軍隊でバンドが結成され、そこで「大韓帝国愛国歌」という1902年に作曲された曲が演奏されたという。この「大韓帝国愛国歌」は国の重要な行事において演奏されていた。

歌詞[ソースを編集]

大韓帝国愛国歌は、数回の歌詞の変化があった。

1番目の歌詞[ソースを編集]

漢文 当時の朝鮮語 現代の朝鮮語 和訳

上帝保佑皇帝聖上
聖壽無疆
海屋籌山
威權瀛廣
于千萬歲
福祿無窮
上帝保佑皇帝聖上

는 우리 皇를 도으ᄉᆞ
ᄒᆞᄉᆞ
ᄒᆡ를 山갓치 ᄡᆞ으시고
이 環에 ᄯᅳᆯ치사
! 千에 福祿
케 ᄒᆞ소셔
는 우리 皇를 도우소셔

하느님은 우리 황제를 도우소서
성수무강 하소서
해옥주를 산같이 쌓으시고
위엄과 권세를 천하에 떨치소서
오! 천만세에 기쁨과 즐거움이
날로 새롭게 하소서
하느님은 우리 황제를 도우소서

神様は我が皇帝を助けたまえ
聖寿無彊したまえ
海屋寿を山みたいに積め
威厳と権勢を天下に鳴らしたまえ
おぉ!千万世に喜びと楽しみが
毎日新たにできるようにしたまえ
神様は我が皇帝を助けたまえ

2番目の歌詞[ソースを編集]

当時の朝鮮語 現代の朝鮮語 和訳

난 우리 皇를 도으소셔
ᄒᆞ샤
ᄒᆡ를 山갓치 ᄊᆞ으시고
이 環에 떨치샤
! 千 무궁(無窮)케 ᄒᆞ소셔
난 우리 皇를 도으소셔

하느님은 우리 황제를 도우소서
성수무강하사
해옥주를 산같이 쌓으시고
위엄과 권세를 천하에 떨치사
오! 천만세에 무궁케 하소서
하느님 은 우리 황제 를 도우소서

神様は我が皇帝を助けたまえ
聖寿無彊したまえ
海屋寿を山みたいに積め
威厳と権勢を天下に鳴らしたまえ
おぉ!千万世が無窮なるようにしたまえ
神様は我が皇帝を助けたまえ

3番目の歌詞[ソースを編集]

当時の朝鮮語 現代の朝鮮語 和訳

는 우리나라를 도으쇼셔
오랜 歷
히 繁ᄒᆞ야
해달이 無하도록
의 源가 滾
는 우리나라를 도으쇼셔

하느님은 우리나라를 도우소서
반만년 오랜 역사 배달민족
영원히 번영하여
해달이 무궁하도록
성지동방의 원류가 곤곤히
하느님은 우리나라를 도우소서

神様は我が国を助けたまえ
半万年の長い歴史の倍達民族
永遠に繁栄して
日と月が無窮なるよう
聖なる東方の源流が滾々と
神様は我が国を助けたまえ

この歌詞は第二次日韓協約(1905年)と第三次日韓協約(1907年)の後、1902年にフランツ・エッケルトが作曲した。

1925年韓米クラブ楽譜歌詞[ソースを編集]

当時の朝鮮語 現代の朝鮮語 和訳

는 우리나라를 도으소셔
토록
나라 太ᄒᆞ고 人은 安ᄒᆞ야
이 世에 ᄯᅥᆯ치여

케ᄒᆞᆸ소셔
는 우리나라를 도으소셔

하느님은 우리나라를 도우소서
영원무궁토록
나라가 태평하고 인민은 평안하여
권위가 세상에 떨치어져서
독립・자유・부와 힘이
날마다 새로워지게 하소서
하느님 은 우리 나라를 도우소서

神様は我が国を助けたまえ
永遠無窮なるよう
国が太平であり人民は平安であり
権威が世の中に鳴らされて
独立・自由・富と力が
毎日新たにできるようにしたまえ
神様は我が国を助けたまえ

この歌は韓国併合ニ関スル条約(1910年)の締結の以前にハワイに移住した朝鮮人の中で楽譜やメロディーを覚えていた人が歌った歌である。1925年 1925年ホノルルにある韓米クラブで楽譜を新たに作成した。