大霧発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Crystal energy.svg 大霧発電所
種類 地熱発電所
電気事業者 九州電力
所在地 日本の旗 日本
鹿児島県霧島市牧園町万膳字銀湯1468-10
北緯31度55分51.1秒 東経130度47分41.8秒 / 北緯31.930861度 東経130.794944度 / 31.930861; 130.794944座標: 北緯31度55分51.1秒 東経130度47分41.8秒 / 北緯31.930861度 東経130.794944度 / 31.930861; 130.794944
1号機
出力 3万 kW
燃料 地熱
営業運転開始日 1996年3月1日
テンプレートを表示

大霧発電所(おおぎりはつでんしょ)は、鹿児島県霧島市湧水町にまたがる、九州電力と日鉄鹿児島地熱株式会社[1]が共同運営する出力3万キロワット地熱発電所

概要[編集]

活火山である霧島山にほど近く、大霧地熱地帯の地熱によって加熱された高温の蒸気を利用して発電を行う。発電所の標高は826メートルである。

2008年9月現在、深さ990mから2000mの井戸(蒸気井)が15本あり、合計で1時間あたり290トンの蒸気を得ている。発電に利用された後の熱水は9本の還元井で地下に戻される。運転監視は約60km離れた川内発電所で行っている。

申し込みをすれば見学が可能である。

2010年6月現在、隣接地の白水越地区で第2発電所建設計画が進行中である。[2]

発電設備[編集]

  • 総出力:30,000kW(2011年4月現在)[3]
1号機
定格出力:30,000kW
営業運転開始:1996年平成8年)3月
2号機(計画中)
定格出力:30,000kW

歴史[編集]

  • 1973年昭和48年) - 地質等の調査を開始。
  • 1989年平成元年)7月 - 新日本製鐵日鉄鉱業と九州電力が地熱発電に関する基本協定を締結。
  • 1994年(平成6年)11月 - 発電所建設に着工。蒸気生産設備を日鉄鹿児島地熱株式会社が運営し、発電設備を九州電力が運営することとなった。
  • 1996年(平成8年)3月1日 - 営業運転を開始。日本では10番目、九州では大岳発電所八丁原発電所山川発電所に次いで4番目の事業用地熱発電所である。

出典[編集]

  1. ^ 2009年3月末現在で日鉄鉱業が85.71%の株式を有する新日本製鐵系列の会社である。
  2. ^ 霧島の地熱開発で説明会 業者、温泉への影響否定」『南日本新聞』2010年6月5日閲覧
  3. ^ 九州電力 大霧発電所

外部リンク[編集]