大阪府道15号八尾茨木線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
大阪府道15号標識
大阪府道15号
八尾茨木線
陸上区間 km
海上区間 指定なし
起点 八尾市恩智中町(旧国道170号交点)
主な
経由都市
東大阪市
大阪市鶴見区
門真市
守口市
寝屋川市
摂津市
終点 茨木市三咲町(西河原西交叉点=国道171号大阪府道46号交点)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0170.svg国道170号
大阪府道5号
大阪府道2号
Japanese National Route Sign 0308.svg国道308号
Japanese National Route Sign 0163.svg国道163号
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
Japanese National Route Sign 0171.svg国道171号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

大阪府道15号 八尾茨木線(おおさかふどう15ごう やおいばらきせん)は、大阪府八尾市を起点とし、大阪府茨木市を終点とする主要地方道

概要[編集]

名前からすると二つの都市を結ぶ幹線道路で、有料道路区間もあるが、住宅街の中などの狭い生活道路も多く、他の幹線道路で分断されるなど、つぎはぎだらけの道といった印象を受ける、とても主要地方道とは思えない道である。所々に一方通行区間があるため、どちらの方向からでも自動車での全線走破はできない。

ただし、本道の指定ルートには根拠があり、東大阪市御厨付近から終点まで、さらに北の府道46号線の安威川沿い、府道1号線の忍頂寺付近までは「枝切街道」とよばれる旧街道にほぼ忠実に沿っている。本道に沿って道幅の広いバイパスが出来ても指定区間の切り替えがされていない。

茨木市大住町附近から終点まで不自然に道が広がっているが、都市計画道路茨木寝屋川線の計画に沿ったもので、大住町から先の大阪府道19号茨木寝屋川線として指定される区間が未開通となっている。

路線データ[編集]

管理者

路線状況[編集]

有料道路区間[編集]

別名[編集]

  • 枝切街道(小阪街道・茨木街道)
  • 花博道路(一部区間)
  • 恩智街道(信貴山越:一部区間)
  • 大阪東部新道線(島南口~大阪外環状線接続点)

地理[編集]

主要な接続道路[編集]

八尾市

大阪府道15号線起点(本道は写真の四つ辻右方向。写真奥-手前方向は旧国道170号

東大阪市

大阪市

門真市

守口市

守口市と門真市の境界付近

寝屋川市

摂津市

茨木市

沿線施設[編集]

鳥飼仁和寺大橋(大阪府摂津市-寝屋川市) 本道は八尾市内では玉串川に沿って通る。沿線は桜並木となっている。
鳥飼仁和寺大橋
(大阪府摂津市-寝屋川市)
本道は八尾市内では玉串川に沿って通る。沿線は並木となっている。

※終点側より記す。

備考[編集]

徳庵駅前商店街のアーケード。商店街内は本道を挟んで西側が大阪市鶴見区、東側が東大阪市となる。商店街内は自動車は北向きの一方通行。ここも府道15号である。
  • 近鉄河内花園駅付近では、踏切の南は自動車通行不可の狭いアーケード商店街となっている。さらに、駅前北側の再開発ビルの建設により、踏切の北側で完全に分断されてしまった。なお、西側にバス通りとなっているバイパスがある。この踏切は2014年9月に高架化されて無くなった。
  • 大阪市鶴見区の徳庵橋北詰付近では指定部分が歩行者用階段と自転車用のスロープになっており、自動車は走行不可である。

関連記事[編集]

外部リンク[編集]