大阪府立西浦高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大阪府立西浦高等学校
大阪府立西浦高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪府
学区 第7学区(1978年-2006年)
第3学区(2007年-2008年)
設立年月日 1978年4月1日
創立記念日 6月8日
閉校年月日 2011年3月
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 27257E
所在地 583-0861
大阪府羽曳野市西浦二丁目1797
北緯34度32分41.3秒 東経135度36分20.2秒 / 北緯34.544806度 東経135.605611度 / 34.544806; 135.605611座標: 北緯34度32分41.3秒 東経135度36分20.2秒 / 北緯34.544806度 東経135.605611度 / 34.544806; 135.605611
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大阪府立西浦高等学校(おおさかふりつ にしうらこうとうがっこう)は、かつて大阪府羽曳野市西浦二丁目にあった公立高等学校

概要[編集]

1978年に全日制普通科高校として開校した。略称はそのまま「西浦」(にしうら)または「西高」(にしこう)であった。在校生は「西高生」(にしこうせい)と呼ばれることが多かった。校章は、西浦の「西」を図案化したものであり、全体としてのふくらみは古市古墳群を表している。

学校は国道170号線大阪外環状線)に面していた。学校周辺は田園地帯で、また古市古墳群などの史跡も多く立地している。近隣住民の活動の場として施設の開放を行っていた。

大阪府教育委員会は2007年、当校と大阪府立羽曳野高等学校を統合し、普通科総合選択制の新高校を設置する構想を発表した。新高校は大阪府立懐風館高等学校として2009年に開校し、従来の羽曳野高等学校校舎を使用している。これに伴い西浦高等学校は2009年度より募集停止となり、最終学年が卒業する2011年3月をもって閉校した。

この計画を含む大阪府立高校統廃合計画に対しては「大阪府の公立高校受験者の増加・公立志向の高まり」「大阪府内で5000人以上の公立高校不合格者が出ていること」「西浦・羽曳野両校の統合についても、統合後の校舎選定の理由について明確な説明がない」「交通の便についても両校とも悪くない」など、計画に反対ないしは疑問視する意見も出されていた。

跡地は2015年より大阪府立西浦支援学校となっている。

沿革[編集]

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]