大阪府立大学工業短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大阪府立大学工業短期大学部
大学設置 1950年
創立 1949年
廃止 1983年
学校種別 公立
設置者 大阪府
本部所在地 大阪府大阪市生野区勝山南3-1-4
キャンパス 生野キャンパス
寝屋川キャンパス
淀川キャンパス
学部 機械科
  第一部[1]
  第二部
電気科
  第一部[1]
  第二部
溶接科
  第一部[1]
  第二部
テンプレートを表示

大阪府立大学工業短期大学部(おおさかふりつだいがくこうぎょうたんきだいがくぶ、英語: Technical Junior College University of Osaka Prefecture[2])は、大阪府大阪市生野区勝山南3-1-4に本部を置いていた日本公立大学である。1950年に設置され、1983年に廃止された。大学の略称は工短[3]。学生募集は1980年度まで。かつての第一部は現在、大阪府立大学工業高等専門学校となっているが、第二部は継承されずに1983年3月31日をもって廃止された。

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 大阪府立大学工業短期大学部は大阪府大阪市生野区内にあった日本公立短期大学大阪府により1950年に浪速大学工学部別科を発展改組して浪速大学短期大学部として設置された。当初は、寝屋川・淀川に各キャンパスを擁していたが、後に生野キャンパスに統合・移転された。当初は昼間部・夜間部に同じ3学科を擁していたが、最終的には夜間部3学科となる。

教育および研究[編集]

  • 大阪府立大学工業短期大学部は科学技術と地域産業に寄与する中堅技術者の育成に力をいれていた。廃止になるまで勤労学生の教育に力をいれていた。I部は現在の大阪府立大学工業高等専門学校における教育の起源ともなっている。

学風および特色[編集]

  • 大阪府立大学工業短期大学部は科学技術と地域産業に寄与する中堅技術者の育成をねらいに設置された。
  • 大阪府立淀川工業(現:「工科」)高等学校やのちに桃谷高等学校と共同でキャンパスを使用するなどの経営を行っていた。

沿革[編集]

  • 1949年 浪速大学工学部別科を設置。
  • 1950年 浪速大学工学部別科を改組発展させて浪速大学短期大学部(なにわだいがくたんきだいがくぶ)を設置。
    • 機械科
      • 第一部
      • 第二部
    • 電気科
      • 第一部
      • 第二部
  • 1951年 溶接科第一部・第二部を置く。
  • 1953年 浪速大学工業短期大学部(なにわだいがくこうぎょうたんきだいがくぶ)に改称。
  • 1955年 大阪府立大学工業短期大学部に変更。
  • 1963年 同じ校地内に大阪府立工業高等専門学校(現大阪府立大学工業高等専門学校)が開校。
  • 1967年 生野区にキャンパス移転。
  • 1980年度をもって学生募集を最後とする。
  • 1983年 33年の歴史に閉幕する。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 生野キャンパス(大阪市生野区勝山南3-1-4[4]
  • 寝屋川キャンパス(大阪府寝屋川市秦760[5]
  • 淀川キャンパス(大阪市旭区橋寺町[6]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 機械科第二部
  • 電気科第二部
  • 溶接科第二部
学科の変遷[編集]
  • 機械科
    • 第一部[1]
    • 第二部
  • 電気科
    • 第一部[1]
    • 第二部
  • 溶接科
    • 第一部[1]
    • 第二部

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

年度別学生数[編集]
年度 機械科[8] 電気科[8] 溶接科[8] 参照および備考
1954年 第一部 170(0
第二部 124(0
第一部 175(1
第二部 126(0
第一部 49(0
第二部 58(0
[9]
1955年1957年 [10]
1958年 第一部 155(0
第二部 119(0
第一部 158(1
第二部 122(0
第一部 39(0
第二部 53(0
[11]
1959年 第一部 166(0
第二部 128(0
第一部 154(1
第二部 128(0
第一部 43(0
第二部 57(0
[12]
1960年 第一部 173(0
第二部 134(0
第一部 154(0
第二部 125(0
第一部 46(0
第二部 54(0
[13]
1961年 第一部177(0
第二部140(1
第一部152(0
第二部132(0
第一部53(0
第二部(0
[14]
1962年 第一部 169(0
第二部 129(0
第一部 156(1
第二部 131(0
第一部 46(0
第二部 52(0
[15]
1963年 第一部 81(0
第二部 131(0
第一部 75(1
第二部 143(0
第一部 19(0
第二部 58(0
[16]
1964年 132(0[17] 159(0[17] 65(0[17] [18]
1965年 137(0 155(0 65(0 [19]
1966年 156(0 152(0 65(0 [20]
1967年 151(0 156(0 67(0 [21]
1968年 151(0 164(0 73(0 [22]
1969年 151(0 164(0 73(0 [23]
1970年 168(1 163(0 78(0 [24]
1971年 172(1 173(1 74(0 [25]
1972年 164(1 169(1 74(0 [26]
1973年 156(0 168(1 85(0 [27]
1974年 156(0 168(1 85(0 [28]
1975年 166(0 178(1 80(0 [29]
1976年 181(0 191(1 79(0 [30]
1977年 167(0 181(2 76(0 [31]
1978年 190(0 184(1 77(0 [32]
1979年 163(0 179(1 65(1 [33]
1980年 118(0 143(1 46(2 [34]
1981年 61(0[35] 80(1[35] 22(1[35] [36]
1982年 19(0 37(1 8(0 [37]

研究[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長
教職員

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

生野キャンパス[編集]

現在の、大阪府立桃谷高等学校。かつて、この地に大阪府立大学工業短期大学部が隣接されていた。
  • 使用専攻科:なし
  • 使用附属施設:なし
  • 使用学科:機械科II部・電気科II部・溶接科II部

寝屋川キャンパス[編集]

  • 使用学科:機械科・電気科・溶接科各第一部
  • 使用専攻科:なし
  • 使用附属施設:なし
  • 設備:本館・第二本館・第三本館・実習工場・寄宿舎・運動場などがあった。
現在の、大阪府立工業高等専門学校。移転前は、ここに工業短期大学部第一部が設置されていた
  • 当時、大阪府立大学寝屋川学舎と呼ばれていた。キャンパス近隣を東西に流れる寝屋川にかかる橋として「工短橋」があった[39]

淀川キャンパス[編集]

  • 使用学科:機械科・電気科・溶接科各第二部
  • 使用専攻科:なし
  • 使用附属施設:なし
  • 設備:当時、大阪府立淀川工業高等学校(現:淀川工科高等学校)とキャンパスを共同使用していた。

学生食堂[編集]

  • 大阪府立大学工業短期大学部の学生食堂(学食)は、当初構内中央部にあった学生集会室の一部を充てており、面積はおよそ10坪程度とやや狭隘であった。その後、利用する学生が増えたことにより、1955年より寝屋川寮のボイラー室の一部およそ40坪を改造して新築している。発足当時は、パン麺類の販売が主なものとなっていたが、年を経るとともに米飯類も出されるようになっている[40]

[編集]

  • 大阪府立大学工業短期大学部には、寝屋川キャンパスに学生寮があった。1938年に「商工省大阪機械工養成所寄宿舎」として設置されたのがはじまりであり、以来「厚生省大阪機械技術員養成所」、「大阪府立機械工業専門学校」を経て短期大学部寝屋川寮となった。1960年においては木造2階建2棟、建坪716坪となっていた[40]

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

  • 大阪府立大学工学部をはじめ理工学系の大学等に進学した人もいたものとみられる。ほか京都工芸繊維大学への編入者もいた。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 学生募集は1962年度が最終となっている。以後は大阪府立工業高等専門学校(現大阪府立大学工業高等専門学校)に移行。
  2. ^ http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000002977987より
  3. ^ 『工短 閉部記念誌-大阪府立大学工業短期大学部第一部閉部記念誌-』より
  4. ^ 現在は、大阪府立桃谷高等学校となっている。
  5. ^ 現在は大阪府立大学工業高等専門学校
  6. ^ 現在は大阪府立淀川工科高等学校
  7. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(文部省大学学術局編)49ページ「浪速大学工業短期大学部」の欄より
  8. ^ a b c ()の数字は女子内数を意味する。
  9. ^ 昭和30年度版『全国学校総覧』1371頁(以下、『総覧』と略する。)
  10. ^ この年度における『総覧』が存在しないため。
  11. ^ 昭和34年度版『総覧』15頁
  12. ^ 昭和35年度版『総覧』15頁
  13. ^ 昭和36年度版『総覧』19頁
  14. ^ 昭和37年度版『総覧』19頁
  15. ^ 昭和38年度版『総覧』22頁
  16. ^ 昭和39年度版『総覧』23頁
  17. ^ a b c 1964年度以降は、第二部のみ。
  18. ^ 昭和40年度版『総覧』23頁より
  19. ^ 昭和41年度版『総覧』25頁
  20. ^ 昭和42度版『総覧』27頁
  21. ^ 昭和43年度版『総覧』27頁
  22. ^ 昭和44年度版『総覧』29頁
  23. ^ 昭和45年度版『総覧』29頁
  24. ^ 昭和46年度版『総覧』29頁
  25. ^ 昭和47年度版『総覧』29頁
  26. ^ 昭和48年度版『総覧』30頁
  27. ^ 昭和49年度版『総覧』31頁
  28. ^ 昭和50年度版『総覧』33頁
  29. ^ 昭和51年度版『総覧』35頁
  30. ^ 昭和52年度版『総覧』35頁
  31. ^ 昭和53年度版『総覧』35頁
  32. ^ 昭和54年度版『総覧』36頁
  33. ^ 昭和55年度版『総覧』36頁
  34. ^ 昭和56年度版『総覧』38頁
  35. ^ a b c この年度以降、募集停止。
  36. ^ 昭和57年度版『総覧』39頁
  37. ^ 昭和58年度版『総覧』40頁
  38. ^ 『工短 閉部記念誌-大阪府立大学工業短期大学部第一部閉部記念誌-』(1964年発行。大阪府立中央図書館ほか所蔵。大阪府立中央図書館所蔵資料参照。)の「大阪府立大学工業短期大学部同窓会名簿」36頁より
  39. ^ 『工短 閉部記念誌-大阪府立大学工業短期大学部第一部閉部記念誌-』より。
  40. ^ a b c 『大阪府立大学十年史』より
  41. ^ 『工短 閉部記念誌-大阪府立大学工業短期大学部第一部閉部記念誌-』の「大阪府立大学工業短期大学部同窓会名簿」参照。
  42. ^ 1979年度版以前は『短期大学一覧』

関連項目[編集]

関連サイト[編集]