大阪信用金庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大阪信用金庫
Osaka Shinkin Bank
大阪信用金庫本店
大阪信用金庫本店
種類 信用金庫
略称 大信(だいしん)
本社所在地 日本の旗 日本
543-8666
大阪市天王寺区上本町8丁目9-14
設立 1920年2月12日
業種 銀行業
法人番号 8120005002336
金融機関コード 1630
事業内容 信用金庫法に基づく金融業務全般
代表者 樋野征治(理事長)
資本金 131億1,200万円(出資金)
売上高 403億5200万円
経常利益 127億円
純利益 88億円
純資産 910億430万円
総資産 2兆2,266億210万円
従業員数 1,306名
支店舗数 72
決算期 3月31日
外部リンク http://www.osaka-shinkin.co.jp/
特記事項:指標はいずれも2015年3月31日現在
テンプレートを表示
大阪信用金庫のデータ
統一金融機関コード 1630
法人番号 8120005002336
店舗数 '72”店舗
店外ATM 13カ所
従業員数 1,306名
総資産 2兆2,266億円
貸出金残高 1兆1,977億円
預金残高 2兆432億円
特記事項:
指標はいずれも2015年3月31日現在。
テンプレートを表示

大阪信用金庫(おおさかしんようきんこ、英語: Osaka Shinkin Bank)は、大阪府大阪市天王寺区上本町に本店を置く信用金庫である。略称は「大信」(だいしん)。大阪府に本店を置く信用金庫としては、最大規模を有する。

概要[編集]

大阪府内以外にも、兵庫県尼崎市に支店を有する。

沿革[編集]

  • 1920年2月12日 - 設立。
  • 1943年7月22日 - 「大阪信用組合」に名称変更。
  • 1951年10月20日 - 信用金庫法の施行に伴い、現在の名称に再変更。
  • 1955年9月 - 「大阪相互信用金庫」が「相互信用金庫」に名称変更。
  • 1961年8月 - 「岸和田市春木信用金庫」が「春木信用金庫」に名称変更。
  • 1966年2月 - 「堺信用金庫」と「堺興業信用金庫」が合併、名称を「堺市信用金庫」に変更。
  • 1969年4月 - 「相互信用金庫」が「明治信用金庫」を吸収合併。
  • 1975年4月 - 「三和信用金庫」が「住吉信用金庫」を吸収合併。
  • 1977年4月 - 「阪南信用金庫」と「堺市信用金庫」が合併、「泉陽信用金庫」に。
  • 1981年10月 - 「泉大津信用金庫」「岸和田信用金庫」「春木信用金庫」の3者が合併し、名称を「泉州信用金庫」に変更。
  • 1992年10月1日 - 旧東洋信用金庫(同日付で、旧・三和銀行と合併、現在の三菱東京UFJ銀行)の営業の一部を譲受。
  • 1997年10月6日 - 「三和信用金庫」を吸収合併。
  • 2001年11月12日 - 「泉陽信用金庫」が「泉州信用金庫」を吸収合併、名称を「南大阪信用金庫」に変更。
  • 2002年3月25日 - 旧・大阪第一信用金庫(2001年10月19日経営破綻)の営業の全部を譲受け。
  • 2002年6月10日 - 旧・相互信用金庫(2002年1月25日経営破綻)の営業の全部を譲受け。
  • 2004年10月12日 「南大阪信用金庫」を吸収合併。
  • 2008年6月2日 大阪府内に本店を置く信用金庫相互間ATM手数料無料サービス「しんきん大阪ゼロネット」を開始。
  • 2015年12月19日 預金量2兆円突破。

グループ企業[編集]

  • だいしんビジネスサービス株式会社
  • 株式会社だいしん総合研究所

関連項目[編集]

外部リンク[編集]