大阪信愛女学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大阪信愛女学院高等学校
大阪信愛女学院中学校
大阪信愛女学院小学校
大阪信愛女学院幼稚園
学院本部
過去の名称 信愛女学校
大阪信愛高等女学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人大阪信愛女学院
校訓 1つの心 1つの魂
設立年月日 1884年
創立者 シスター・マリー・ジュスティヌ
共学・別学 男女別学(女子校)
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 27536A
所在地 536-8585
大阪府大阪市城東区古市二丁目7番30号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大阪信愛女学院(おおさかしんあいじょがくいん)は、大阪府大阪市城東区古市二丁目にある私立女子校。学校法人大阪信愛女学院が運営する。通称は「信女」「信愛」。

概要[編集]

キリスト教(カトリック)のショファイユの幼きイエズス修道会を設立母体とし、キリスト教精神を基礎にした教育活動をおこなっている。幼稚園・小学校・中学校・高等学校・短期大学を同一敷地に併設している。

教育方針[編集]

  • カトリックの精神に基づく人生観をもたせ、一人一人が主体性を確立し、可能性を最大限に伸ばし自己形成を図る、
  • 女性としての豊かな心を持って、国際社会への建設に貢献、健康な女性の育成を目指す。

部活動[編集]

運動部:ソフトボール部・バレーボール部・体操部・水泳部など 文化部:吹奏楽部、コーラス部等が地域のボランティア活動やコンクールなど、様々な場で活躍。

学院を構成する学校[編集]

短期大学については、独立記事大阪信愛女学院短期大学を参照されたい。

幼稚園のみ男女共学だが、小学校・中学校・高等学校では女子のみの募集となっている。2018(平成30)年度より小学校は男女共学になる。小学校では週5回給食が実施されている。また小学校では英語活動を取り入れている。

高等学校では進路希望に応じて、コースに分かれて学習する。高等学校のコースカリキュラムとして、一年生では基礎力養成期として、特進コースと進学コースに分かれている。2・3年生では、目標と実力に合わせて国公立大学進学ステージ、難関私立特進ステージ、総合進学ステージの3つのステージに分類されており、そこから生徒自身で進むべき進路を選択する。また総合進学ステージには、総合進学、看護医療、食物科学、発達教育コースがあり、より専門性を身につけることができる。

必修教科の中に宗教があり、また月1回程度の頻度でミサが行われ全員参加が義務付けられている。 中高で毎日行われる朝礼・終礼では教員・生徒会役員から“お話”がなされ、その後お祈り・聖歌斉唱が行われる。

また、和歌山信愛女子短期大学久留米信愛女学院中学校・高等学校熊本信愛女学院中学校・高等学校は姉妹校である。

沿革[編集]

出身者[編集]

制服(中学・高校)[編集]

一説ではシスター服を模したとされている。

  • 冬服
    • ブラウス(白):襟は角型で、ボタンで留めるタイプ。
    • ジャンパースカート(紺):腰下は8本のプリーツで構成されるボックススカート。腰上は脇が開いたタイプになっており、正面がクロスした仕様でVネックタイプといえる。
    • ジャケット(紺):ボレロタイプで正面を首元の鈎ホックで留める。校章バッジを左胸に付ける。ポケットは内ポケットになっており、ボタンはなく、いたってシンプル。
  • 夏服
    • ブラウス(白):セーラーブラウスタイプで、2個ずつ縦にペアになった黒いボタンが4ペア、計8個で留める。ライン等はない。
    • スカート(紺チェック柄):12本の車ヒダで構成されるプリーツスカート
    • カーディガン(グレー):着用は自由で、ボタンを留めず羽織るだけでも可。
  • ソックス(白):夏冬ともに校章が紺色で刺繍されたショートタイプ。

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]