大阪チタニウムテクノロジーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 大阪チタニウムテクノロジーズ
OSAKA Titanium technologies Co., Ltd.
GazouBoshu.png
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5726
略称 OTC
大阪チタ
大チタ
本社所在地 日本の旗 日本
660-8533
兵庫県尼崎市東浜町1番地
設立 1997年平成9年)5月20日
(株式会社シチックス尼崎)
(創業は1952年昭和27年)11月26日
業種 非鉄金属
事業内容 金属チタン、多結晶シリコン、チタン・シリコン応用商品の製造、販売
代表者 代表取締役社長:関 勇一
資本金 87億3962万円
売上高 403億円
純資産 435億円
総資産 1,023億円
従業員数 750人
決算期 3月31日
主要株主 新日鐵住金 23.91%
神戸製鋼所 23.91%
住友商事 2.35%
関係する人物 中川路貞治
外部リンク 株式会社大阪チタニウムテクノロジーズ 公式ウェブサイト (日本語)
特記事項:経営指標は2015年平成27年)3月期。
形式上の存続会社(旧・株式会社鹿島ビジネスサービス)の設立は1970年10月1日。
テンプレートを表示

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズ(おおさかチタニウムテクノロジーズ、: OSAKA Titanium technologies Co.,Ltd.、略称:OTC)は、日本の非鉄金属メーカー。

チタンシリコンの素材加工において世界有数のメーカーである。チタン事業では東邦チタニウムと市場を二分する。2007年平成19年)10月に社名を住友チタニウム株式会社: Sumitomo Titanium Corporation, STC)から変更した。

主要事業所[編集]

沿革[編集]

  • 1937年昭和12年)1月 - 大阪特殊製鉄所発足。
  • 1952年(昭和27年)4月 - 金属チタンの製造を開始。
  • 1952年(昭和27年)11月26日 - 住友金属工業(現・新日鐵住金)が資本参加、大阪チタニウム製造株式会社が発足。
  • 1954年(昭和29年) - チタン工場稼働。
  • 1957年(昭和32年) - 多結晶シリコンの研究開発開始。
  • 1960年(昭和35年)1月 - 多結晶シリコンの製造開始。
  • 1961年(昭和36年) - 塩化マグネシウム電解工場完成。
  • 1981年(昭和56年) - チタンインゴット工場完成。
  • 1982年(昭和57年) - 新スポンジチタン工場完成。
  • 1984年(昭和59年) - 新多結晶工場稼働開始。
  • 1993年平成5年)1月 - 住友シチックス株式会社に社名変更。
  • 1997年(平成9年)5月20日 - 住友シチックスにより、株式会社シチックス尼崎設立。
  • 1997年(平成9年)10月1日 - 株式会社シチックス尼崎が住友シチックスのチタン・多結晶シリコン・開発商品事業を継承し、株式会社住友シチックス尼崎に商号変更し営業開始。
  • 1998年(平成10年)10月1日 - 住友シチックスが住友金属工業(現・新日鐵住金)に合併。
  • 2002年(平成14年)1月1日 - 株式会社住友シチックス尼崎が住友チタニウム株式会社に社名変更。
  • 2002年(平成14年)3月8日 - 東証2部に株式上場。
  • 2005年(平成17年)3月1日 - 東証1部上場に指定替え。新株発行等により、住友金属工業(現・新日鐵住金)・神戸製鋼所が筆頭株主となる。
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 住友チタニウム株式会社が株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに社名変更。
  • 2009年(平成21年)6月 - 岸和田製造所(大阪府岸和田市)開設。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]