大関力士碑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大関力士碑

大関力士碑(おおぜきりきしひ)は、東京都江東区富岡八幡宮に建つ大相撲関連の石碑である。歴代の大関力士を顕彰するものである。

概要[編集]

1983年昭和58年)10月5日に完成。九代目市川團十郎五代目尾上菊五郎1898年明治31年)に寄付した2個の仙台石である。江戸勧進相撲で初めて木版刷りで発行された縦一枚番付である1757年宝暦7年)10月のものに大関として記されている雪見山堅太夫を初代とし、琴欧洲勝紀までの114人の四股名と出身地が刻まれている[1][2]。このうち横綱に昇進した者や看板大関は刻まれていない[3]

刻名式は、横綱力士碑とは異なり現役引退後に行われ、完成後初の引退大関となった琴風豪規以降、引退順に刻名される[4]。ただ刻名式自体は小錦八十吉引退時を最後に行われておらず、その後は日馬富士鶴竜の横綱力士碑刻名式の際にそれぞれ刻名されている。

また同所には、巨人力士身長碑、巨人力士手形・足形碑、強豪関脇力士碑、釈迦ヶ嶽等身碑も建てられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大関力士碑”. 富岡八幡宮. 2012年11月16日閲覧。
  2. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2014年11月号(九州場所展望号) 27頁
  3. ^ 看板大関として初土俵を踏んだあと、関脇以下の地位におりて実際に相撲を取った力士はその実績によっては刻名されている。また、大渡門太夫のように1場所番付に載っただけ(1敗7休)の事実上の看板大関の名もある。
  4. ^ 現役力士の場合、横綱に昇進する可能性がゼロとは言えないため。完成時に刻名されていた増位山太志郎まで(実質的には7人後の貴ノ浪貞博まで)は並びが昇進順。昭和期に昇進した最後の最高位大関・小錦と平成期に昇進した最初の大関・霧島一博は、霧島が先に引退・刻名されているが、並びは小錦が先(霧島の四股名の手前には「平成期」と刻まれている。霧島の刻名時点で大関から陥落して現役を続けていた小錦のスペースは空けてあった)。

関連項目[編集]

座標: 北緯35度40分15.7秒 東経139度47分57.5秒