香川町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大野 (高松市)から転送)
Jump to navigation Jump to search
香川町
Flag of Kagawa Kagawa.JPG
香川町旗
Kagawa Kagawa chapter.JPG
香川町章
 
廃止日 2006年1月10日
廃止理由 編入合併
香川郡香川町香南町
木田郡牟礼町庵治町綾歌郡国分寺町高松市
現在の自治体 高松市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 香川県
香川郡
団体コード 37362-1
面積 27.33km2.
総人口 24,385
(2006年1月1日)
隣接自治体 高松市香川郡香南町綾歌郡綾上町
町の木 クスノキ
町の花 ツツジ
香川町役場
所在地 761-1795
香川県香川郡香川町大字川東上1865番地13
外部リンク 香川町Internet Archive
座標 北緯34度14分28.8秒 東経134度2分2.32秒 / 北緯34.241333度 東経134.0339778度 / 34.241333; 134.0339778座標: 北緯34度14分28.8秒 東経134度2分2.32秒 / 北緯34.241333度 東経134.0339778度 / 34.241333; 134.0339778
 表示 ウィキプロジェクト

香川町(かがわちょう)は、香川県香川郡にあったである。2006年1月10日に香川県高松市の一部となったが、域内の大字名は現在も「香川町」を冠している。本稿は、合併前の香川町について記している。

地理[編集]

高松市に隣接していることなどから、ベッドタウンとして人口は増加していた。また、同市などへの野菜果樹の供給地としての役割を担っていた。

町内は全体的に丘陵地となっており、平池や新池など大小多くのため池が存在するほか、町の西端には香東川が流れている。

人口[編集]

1955年 11,302人
1960年 11,210人
1965年 11,281人
1970年 12,420人
1975年 15,225人
1980年 19,360人
1985年 20,964人
1990年 22,649人
1995年 23,324人
2000年 24,136人
2005年 24,220人
2010年 23,534人
2015年 23,027人
総務省統計局 / 国勢調査2015年

歴史[編集]

行政[編集]

  • 町長:岡弘司(-2006年1月9日)

経済[編集]

産業[編集]

  • 大規模商業施設 ショッピングセンター・ウイングポート(マルヨシセンターウイングポート店)、マルヨシセンター川東店、マルナカ浅野店、大野店、マイケル川東店など

姉妹都市・提携都市[編集]

地域[編集]

教育[編集]

保育園[編集]

  • 高松市立大野保育所
  • 高松市立浅野保育所
  • 高松市川東保育所
  • 高松市立川東南保育所
  • 私立さんさん保育園

幼稚園[編集]

  • 高松市立浅野幼稚園
  • 高松市立大野幼稚園
  • 高松市立川東幼稚園

小学校[編集]

  • 高松市立浅野小学校
  • 高松市立大野小学校
  • 高松市立川東小学校

中学校[編集]

高等学校[編集]

かつては香川県立高松南高等学校香南分校があったが、香川中央高校開校に伴い1989年に閉校した。場所は現在の百十四銀行空港口支店。

大学・短期大学[編集]

  • なし

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

町内に鉄道路線は無いが、高松市内の高松琴平電気鉄道(琴電)琴平線仏生山駅一宮駅などが利用されていた。正確には1958年に寺井地区の北部が高松市に編入されるまで同線が町内を通っていた(現在の空港通り駅前後)が、町内に駅はなかった。

1929年(昭和4年)11月から1941年(昭和16年)5月まで、琴平電鉄塩江線が通っていた。

主な道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 竜桜公園
    龍満池は1627年寛永4年)に西嶋八兵衛により築造された。池の中央には川東八幡神社の御旅所が長さ100mも突き出している。讃岐百景のひとつ。
  • 祇園座
    農村歌舞伎の祇園座は、江戸時代末期頃に初めて氏神へ奉納するために催されたものが、いつしか農村の慰安娯楽行事として定着した。現在は中学生や高校生たちがその流れを受け継ぎ、文化祭などでその卓越した演技を披露している。1960年(昭和35年)4月3日、県の無形民俗文化財に指定。
  • 田渡池自然公園
    田渡池は1795年寛政7年)に築造され、昭和から平成にかけて改修されたものの、未だ豊かな自然を残している。とりわけ水辺の植物の群落には珍しい種類が多く見られる。
  • ひょうげ祭り
    名称の意味は、「ひょうきん」「おどけた」などのニュアンスを含む讃岐弁「ひょうげな」から。その名の通り、町民が思い思いのユーモラスな格好で町を練り歩く。奇祭として有名で、香川県下でも代表的な祭りのひとつに数えられている。また、祭りや風景を題材とした写真コンテストも行われる。神具一式は、県の有形民俗文化財に指定。
  • 横岡山古墳
    築造推定期は5世紀後半~6世紀頃。横穴式石室は長さ9m、内部の幅・高さ共に1.5m。
  • 油山
    山中の岩の間から油が流れ出ていて住民が灯し油にしたという伝説が残る。
  • 舟岡古墳出土石棺
    両側が砕かれ、石樋として使われていたこともある石棺
  • 東赤坂古墳
    古墳時代末期(7世紀)。町内で唯一盛土まで完全に残る。内部は8畳ほど。
  • 香川第一中学校石彫公園と句碑
    香川県内の若手を中心とした作家の石彫作品が坂を利用した校内の公園内に並ぶ。また、ホトトギス派合田丁字路による「入学も卒業もこの桜坂」の句碑が桜坂にある。

関連項目[編集]