大野美代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大野 美代子(おおの みよこ、1939年 - 2016年8月)は、日本建築家・橋梁デザイナー。

株式会社エムアンドエムデザイン事務所(M+M Design Office)の主宰を務め、橋梁道路、その付属施設の景観デザインなどを手がける。愛知県立芸術大学東京工業大学非常勤講師を歴任。

略歴[編集]

岡山県出身。1958年、岡山県立岡山朝日高等学校卒業[1]。1963年、 多摩美術大学美術学部デザイン科卒業。

  • 1963年 - 松屋のインテリアデザイン室に勤務。
  • 1966年 - ジェトロの海外デザイン留学生として、スイスのオットー・グラウス建築設計事務所に勤務。
  • 1968年 - 日本に帰国。
  • 1971年 - エムアンドエムデザイン事務所を設立。家具デザインや住宅病院などにおけるインテリアデザインを手掛ける。
  • 1977年 - 自身初の橋梁デザインを手掛ける。以降、橋梁関係のデザインがメインとなる。
  • 2016年8月 - 病気のため76歳で死去。

受賞歴[編集]

主な著書[編集]

  • BRIDGE-風景を創る橋(2009/鹿島出版会
  • 広島市都市計画局都市デザイン室発行『新風景を求めて』(ぎょうせい出版中国支社、1997年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]


参考情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]