大野真雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
大野真雄
時代 平安時代初期
生誕 天平宝字8年(764年
死没 弘仁9年12月2日819年1月1日
別名 直雄
官位 従四位上左近衛中将
主君 桓武天皇平城天皇嵯峨天皇
氏族 大野氏
父母 父:大野真本
真鷹、真菅、鷹子
テンプレートを表示

大野 真雄(おおの の まお)は、平安時代初期の貴族。名は直雄とも記される。上総介・大野真本の子とする系図がある。官位従四位上左近衛中将勲等は勲五等。

経歴[編集]

桓武朝にて正五位上に至り、延暦25年(806年桓武天皇崩御に際して作路司を務める。平城朝の大同3年(808年)に兵部大輔に任ぜられる。

大同5年(810年)9月に発生した薬子の変に際しては嵯峨天皇側で活動し、左近衛少将に任ぜられると共に、固関使として美濃国不破関に派遣される。乱後まもなく、従四位下左兵衛督に昇進した。弘仁2年(811年)左近衛中将に転じて左京大夫を兼ね、弘仁6年(815年)従四位上に至る。

弘仁9年12月2日(819年1月1日)卒去享年55。最終官位越前権守従四位上。

官歴[編集]

日本後紀』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 鈴木真年『百家系図稿』巻1,大野 および 鈴木真年『諸系譜』第一冊,大野朝臣

参考文献[編集]

  • 森田悌『日本後紀 (上)』講談社学術文庫、2006年
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年