大野健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大野 健一(おおの けんいち、1957年9月25日 - )は、日本経済学者。専門は、開発経済学、途上国経済論。政策研究大学院大学教授、スタンフォード大学経済学博士ベトナム教育事業勲章受章[1]

人物[編集]

神戸市生まれ。一橋大学経済学部卒業後、一橋大学大学院経済学研究科修了。一橋大での指導教官は塩野谷祐一[2]スタンフォード大学経済学部大学院博士課程修了、経済学博士Ph.D.経済学)(スタンフォード大学、1987年))。1987年から1991年まで国際通貨基金勤務。1991年筑波大学社会工学系助教授。1996年埼玉大学大学院政策科学研究科教授。1997年より政策研究大学院大学教授。[3]

  • 1997年『市場移行戦略』でアジア・太平洋賞特別賞受賞、2001年、『途上国のグローバリゼーション』で大佛次郎論壇賞及びサントリー学芸賞を受賞。
  • 2011年11月28日 ベトナム教育事業勲章受章。
  • 2012年 国際社会で顕著な活動を行い世界で『日本』の発信に貢献した業績をもとに、外国人プレス関係者により構成される、世界で活躍し『日本』を発信する日本人プロジェクトより、内閣府から「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」の一人に選ばれた。英語名:Profiles of "Passion without borders" Japanese.

著書[編集]

単著[編集]

  • 『国際通貨体制と経済安定』(東洋経済新報社, 1991年)
  • 『市場移行戦略――新経済体制の創造と日本の知的支援』(有斐閣, 1996年)
  • 『途上国のグローバリゼーション――自立的発展は可能か』(東洋経済新報社, 2000年)
  • 『途上国ニッポンの歩み――江戸から平成までの経済発展』(有斐閣, 2005年)

共著[編集]

共編著[編集]

  • Japanese Views on Economic Development: Diverse Paths to the Market, co-edited with Izumi Ohno, (Routledge, 1998).
  • 川端望)『ベトナムの工業化戦略――グローバル化時代の途上国産業支援』(日本評論社, 2003年)

脚注[編集]

  1. ^ ~「国境を越えた情熱」をもって頑張る日本人の活動概要 ~~ Profiles of "Passion without borders" Japanese ~
  2. ^ 「昭和57年度 学位授与・単位修得論文一覧」一橋大学
  3. ^ 大野健一 | GRIPS Faculty Directory - 政策研究大学院大学