大酔侠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大酔侠
タイトル表記
繁体字 大醉俠
簡体字 大醉侠
英題 Come Drink with Me
各種情報
監督 キン・フー
脚本 キン・フー
イー・ヤン
製作 ランラン・ショウ
出演者 チェン・ペイペイ
ユエ・ホア
チェン・ホンリエ
音楽 王居仁
チョウ・ランピン
撮影 ホー・ランシャン
編集 姜興隆
アクション指導 ハン・インチェ
美術 曹荘生
製作会社 ショウ・ブラザーズ
配給 香港の旗 ショウ・ブラザーズ
公開 香港の旗 1966年4月7日
上映時間 91分
製作国 香港の旗 イギリス領香港
言語 北京語
テンプレートを表示

大酔侠』(だいすいきょう、原題:大醉俠、英語題:Come Drink with Me)は、キン・フー監督・脚本による1966年香港武侠映画である。ショウ・ブラザーズ作品。日本では劇場未公開でDVD化された。

キン・フーの代表作の1本にして、主演のチェン・ペイペイを一躍“武侠影后”へと押し上げた作品で、京劇をベースとした素早いカット割りとリアルな殺陣、宿屋という凝縮された空間で展開される主人公・金燕子と山賊たちのスリリングな腕比べ、金燕子に扮したチェン・ペイペイの美しくも凛々しい女剣士ぶりと、当時の香港武侠映画の新機軸を打ち出した作品である。

なお、チェン・ペイペイ演じる金燕子は、張徹(チャン・チェ)監督による1968年の映画『大女侠』にも再登場している。

あらすじ[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • チェン・ペイペイ(鄭佩佩):総督の娘。盗賊にさらわれた兄を救出にきた女剣士であだなは「金燕子」。
  • ユエ・ホア (岳華):「酔猫」と呼ばれている孤児たちを集めている芸人。しかし実際は武芸の達人であり「酔侠」と呼ばれる。
  • チェン・ホンリエ(陳鴻烈):「玉面虎」と呼ばれている、白づくめの服装の盗賊。
  • ヤン・チーシアン(楊志卿):「了空大師」と呼ばれる僧侶。「酔侠」の武術の兄弟子で、師匠を殺した男「ティアオ・チンタン」。

脚注[編集]

外部リンク[編集]