大辞泉が選ぶ新語大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大辞泉が選ぶ新語大賞(だいじせんがえらぶしんごたいしょう)は、小学館の主催によって選定される各年を代表する新語を決定し公表するキャンペーン。正式名称は「大辞泉が選ぶ新語大賞 ~あなたの新語も辞書に載せよう。~」。[要出典]

2013年から始まった『大辞泉』の「あなたの言葉を辞書に載せよう。」キャンペーンのスピンオフ企画として、2016年に初開催されたプロジェクト。5月18日の「言葉の日」に募集を開始し、キャンペーン期間中に投稿された新語の中から、実際に『大辞泉』に採用する可能性のある新語を編集部が毎月選定する。11月の選考会で最終候補と対象が選定される。[要出典]

大賞と次点が、一般から投稿された語釈とともに発表されるが、正式な語釈は編集部が執筆陣に依頼し、今後の改定時に『デジタル大辞泉』のデータとして収録される予定。[要出典]

各年の「新語大賞」[編集]

2016年[編集]

[1]

2017年[編集]

投稿総数2,424本[2]

2018年[編集]

投稿総数 2,070本[3]

2019年[編集]

投稿総数 1,927本[4]

2020年[編集]

  • 大賞 - 三密
  • 次点 - コロナ禍
  • 特別選考委員は2017年と同一。選考委員の詳細は不明だが、大江和弘(編集部)が代表して選評を述べている。

投稿総数 1,993本[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]