大輪靖宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大輪 靖宏(おおわ やすひろ、1936年昭和11年)4月6日 - )は、近世日本文学研究者俳人上智大学名誉教授。公益社団法人日本伝統俳句協会副会長。

東京府東京市蒲田区生まれ。福岡県大阪府で育ち、大阪府立豊中高等学校を経て、1960年、慶應義塾大学文学部国文学科卒業。一年間日本テレビ勤務ののち、慶應大学大学院文学研究科国文学専攻に進学、1968年、博士課程単位取得満期退学。同大学附属研究所国際センター助手専任講師、1973年、上智大学文学部専任講師、74年、助教授、81年、教授。90年、「上田秋成文学の研究」で慶應大学文学博士。2002年、上智大学を定年、特別契約教授、2007年、退職、名誉教授。2016年、横浜文学賞受賞。

著書[編集]

  • 『上田秋成文学の研究』 笠間書院 笠間叢書、1976
  • 『上田秋成 その生き方と文学』 春秋社、1982
  • 芭蕉俳句の試み 響き合いの文学』 南窓社、1995
  • 『花鳥諷詠の論 日本文化の一典型としての俳句』 南窓社、1996
  • 『書斎の四次元ポケット 句集』 ふらんす堂、2002
  • 『俳句に生かす至言』 富士見書房、2002
  • 『夏の楽しみ 句集』 角川書店、2007
  • 『俳句の基本とその応用』 角川学芸ブックス、2007
  • 『待つ女の悲劇』 新典社新書、2008
  • 『大輪靖宏句集』 俳句ネット〈日本伝統俳句協会新叢書シリーズ 〉、2011

訳註[編集]

  • 上田秋成『雨月物語 現代語訳対照』訳注 旺文社文庫、1979

記念論文集[編集]

  • 『江戸文学の冒険』編 翰林書房、2007

参考[編集]