大越農子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大越 農子
おおこし あつこ
生年月日 (1969-12-06) 1969年12月6日(49歳)
出生地 北海道札幌市
出身校 名古屋大学法学部
一橋大学国際・公共政策大学院
所属政党 自由民主党
親族 父・大越誠幸(札幌市議会議員
公式サイト 北海道議会議員 おおこし農子

選挙区 札幌市豊平区選挙区
当選回数 2回
在任期間 2015年4月30日 - 現職
テンプレートを表示

大越 農子(おおこし あつこ、1969年12月6日 - )は、日本政治家、元漫画家イラストレーター自由民主党所属北海道議会議員(2期)。漫画家時代のペンネームは小阪かおる[1]

人物・経歴[編集]

北海道札幌市生まれ[1]。父は元札幌市議会議長の大越誠幸[2]。1988年に北海道札幌北高等学校卒業後、名古屋大学法学部在学中の1991年に講談社Kiss新人漫画賞に入選し[3]、小阪かおるのペンネームで漫画家としてデビューする。1992年、大学を卒業し株式会社東芝に入社[1]。通信事業部外注担当として、バイヤーを務めた[3][4]

1997年に退社して独立し、専業漫画家、イラストレーターとして活動したが[1][3]、2007年に腰痛のため北海道に帰郷し療養にあたった[3]。腰痛の悪化から転身を考えるようになり、2009年、政治家秘書を志して、一橋大学国際・公共政策大学院に進学。大学院在学中の2010年から2年間長谷川岳参議院議員秘書を務めた[1]

2011年、一橋大学大学院を修了[1]。大学院の同級生には元参議院議員の安井美沙子がいる[5]

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙比例北海道ブロックから自由民主党名簿15位で出馬するも落選[6]イセ食品株式会社を経て[7]、2013年昭和女子大学ビジネス研究所研究員。2014年株式会社エコ・サーブ営業課長[4]

2015年4月、高橋はるみ北海道知事の勧めなどを受け[8]北海道議会議員選挙豊平区から出馬し初当選[9]。北海道議会自由民主党道民会議政策審議副委員長、自由民主党道連IT特命担当委員会副委員長、総務会常任総務等に就任[1]

2018年、札幌地方隊友会より感謝状を授与[10]。 この間、札幌大学で教鞭をとるなどした他[11]、札幌赤レンガライオンズクラブ事業委員会副委員長[12]、地下鉄東豊線建設促進期成会連合会顧問[13]、ストップ!子宮頸がんの会幹事長[14]等も務める。

2019年の道議選では豊平区選挙区から立候補し無投票で再選[15]

単行本[編集]

※すべて小阪かおる名義

  • 『社内恋愛の歩き方』(全2巻)講談社コミックスKiss 1998
  • 『恋愛の美子ちゃん』(全3巻)講談社コミックスKiss 1999
  • 『恋する課長南咲子』(全4巻)講談社コミックスKiss 2000-2001
  • 『OL弁護士桜珠子』(全1巻)講談社コミックスKiss 2004
  • 子ぎつねヘレン』 (エンジェルワークス) SDP 2006

脚注[編集]

外部リンク[編集]