大豆生田実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大豆生田 実
おおまみうだ みのる
生年月日 (1965-12-05) 1965年12月5日(53歳)
出生地 栃木県足利市
出身校 東京薬科大学卒業
所属政党無所属→)
希望の党
公式サイト 前足利市長,大豆生田実のホームページ(ブログ)

当選回数 1回
在任期間 2009年5月13日 - 2013年5月12日

当選回数 1回
在任期間 2003年 - 2005年

当選回数 2回
在任期間 1995年 - 2001年
テンプレートを表示

大豆生田 実(おおまみうだ みのる、1965年12月5日 - )は、日本政治家

栃木県足利市長(1期)、栃木県議会議員(1期)、足利市議会議員(2期)等を歴任。

経歴[編集]

栃木県足利市に生まれる。栃木県立足利高等学校東京薬科大学を卒業。サントリー株式会社に勤務。1994年平成6年)に退社し、1995年(平成7年)4月の足利市議会議員選挙に立候補し市議に初当選。1999年(平成11年)4月に再選。2000年(平成12年)11月19日の栃木県知事選挙では今市市長を辞職して立候補した福田昭夫を支援した。

2001年(平成13年)3月19日、足利市長早川一夫が任期途中で死去。市長死去に伴う市長選挙は同年5月13日行われ、大豆生田は無所属で立候補したが元県議会議員の吉谷宗夫に敗れた。2003年(平成15年)4月の県議会議員選挙では足利市選挙区(定数5)から無所属で立候補し県議に初当選した[1]

その後、2005年(平成17年)4月24日に行われた足利市長選挙に無所属で立候補するも現職の吉谷に敗れた[2]2007年(平成19年)4月の県議会議員選挙には立候補しなかった。

2009年(平成19年)4月26日の足利市長選挙では無所属で立候補し、自民党公明党が推薦する元同市副市長を大差で破り市長に初当選を果たした[3]。同年5月13日に市役所に初登庁した[4]。なお、選挙戦では同年1月に自民党を離党していた衆議院議員渡辺喜美は大豆生田を支援していたが渡辺系の県議会議員で組織する「自民温知会」は元副市長を支援しており[5]、この市長選挙がきっかけで自民温知会は解散している[6]

2013年(平成25年)4月21日投開票の市長選では、新人の和泉聡に敗れる。同年5月12日、市長を退任した。

2017年10月22日に行われる第48回衆議院議員総選挙にて希望の党公認で栃木5区から出馬するが[7]、落選。

市長就任後[編集]

民主党政権が導入した子ども手当の問題点を指摘しており、2010年5月に発足した「現場から国を変える首長の会」では代表を務めている。2011年(平成23年)1月には市の新年度予算に子ども手当の市の負担分を計上しないことを表明している[8][9]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “県議選17選挙区の開票結果”. 下野新聞: p. 1. (2003年4月14日) 
  2. ^ “足利市長に吉谷氏再選 組織前面 実績を強調 大豆生田氏に1550票差”. 下野新聞: p. 1. (2005年4月25日) 
  3. ^ “足利市長に大豆生田氏 挑戦3度、飯田氏を圧倒”. 下野新聞: p. 1. (2009年4月27日) 
  4. ^ “足利・大豆生田市長が初登庁”. 下野新聞: p. 23. (2009年5月14日) 
  5. ^ “渡辺氏、離党3カ月 自民温知会と広がる距離感”. 下野新聞: p. 5. (2009年4月14日) 
  6. ^ “自民温知会を解消 足利市長選めぐり決断”. 下野新聞: p. 1. (2009年5月2日) 
  7. ^ “大豆生田氏が出馬へ 5区から 希望に公認申請”. 東京新聞. (2009年9月30日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201709/CK2017093002000161.html 
  8. ^ “子ども手当で足利市長 市の負担分 計上拒否 新年度予算”. 下野新聞: p. 1. (2011年1月25日) 
  9. ^ “子ども手当 市負担分 3億3200万円拒否”. 下野新聞: p. 22. (2011年2月22日) 

外部リンク[編集]

先代:
吉谷宗夫
足利市長
第12代:2009年 - 2013年
次代:
和泉聡