大谷龍太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大谷 龍太
トヨタ自動車東日本硬式野球部 選手兼任コーチ #24
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県奥州市(旧水沢市
(生まれは神奈川県横浜市西区[1]
生年月日 (1988-03-20) 1988年3月20日(33歳)
身長
体重
187 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • トヨタ自動車東日本

大谷 龍太(おおたに りゅうた、1988年3月20日 - )は、岩手県奥州市出身の日本社会人野球選手外野手)。社会人野球チームのトヨタ自動車東日本硬式野球部に所属(コーチ兼任)。実弟はロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平

来歴[編集]

神奈川県横浜市で生まれ、小学校に上がる前年の夏に岩手県奥州市に引っ越す[2]水沢市立南中学校では軟式野球部に所属[3]岩手県立前沢高等学校でも野球を続け、卒業後は一般企業に勤務しながらクラブチーム水沢駒形野球倶楽部に所属する[3]

2010年に、四国・九州アイランドリーグ(現・四国アイランドリーグplus)の高知ファイティングドッグスに入団[3]。高知では初年度は74試合に出場して打率.205・本塁打2・打点9・盗塁12[4]2011年は62試合に出場して打率.227・本塁打2・打点14・盗塁3[5]の成績だった。2011年シーズン終了後に退団[6]

2012年に、父・が勤務する自動車ボディメーカーが、大谷の出身地に新たに硬式野球部(トヨタ自動車東日本硬式野球部)を発足[7]。同部に勧誘を受け入部[3]。高知への残留との間で悩んだが、社会人チームが減少する環境と地元という理由で入部を決意したという[3]。トヨタ自動車東日本は、創部から7年目となる2018年第89回都市対抗野球大会に出場した[8]。大谷は1安打を放ったが、試合は東芝硬式野球部に1-12で7回コールド負けとなった[8]

弟・翔平との関係[編集]

弟の翔平とは7歳離れていたため、ともにいる時間が短く、翔平の試合も一度しか見たことがないと話している[3]。2018年の都市対抗野球出場の際には、翔平からLINEを通じて激励のメッセージがあったという[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 高知FD 74 145 127 19 26 3 2 2 46 9 12 0 7 0 10 0 1 39 .205 .268 .307 .575
2011 62 166 150 21 34 5 0 2 52 14 3 0 3 1 10 0 2 42 .227 .221 .300 .582
IBLJ:2年 136 311 277 40 60 8 2 4 98 23 15 0 10 1 20 0 3 81 .217 .276 .303 .579

背番号[編集]

  • 13(2010年 - 2011年)

脚注[編集]

  1. ^ “<第9回>父・徹氏は「岩手に住もう」と横浜育ちの母・加代子さんを説得した”. 日刊ゲンダイDIGITAL: p. 1. (2015年4月10日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/158805 2020年9月25日閲覧。 
  2. ^ “<第11回>手弁当で夏はピクニック、冬はそり遊び”. 日刊ゲンダイDIGITAL: p. 1. (2015年4月14日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/158916 2020年9月25日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f “大谷翔平の兄が都市対抗出場。苦難の野球人生からドームの主役になる”. Web Sportiva. (2018年7月16日). https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/hs_other/2018/07/16/___split_47/ 2018年12月11日閲覧。 
  4. ^ 2010年打撃成績(全選手) - 四国アイランドリーグplus
  5. ^ 2011年打撃成績(全選手) - 四国アイランドリーグplus
  6. ^ コーチ・選手契約解除のお知らせ - 高知ファイティングドッグス
  7. ^ “<第12回>「龍太に何もしてやれなかった分、翔平にはしてやろうと」”. 日刊ゲンダイDIGITAL: p. 3. (2015年4月15日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/158950/3 2020年9月25日閲覧。 
  8. ^ a b c “大谷の兄も「二刀流」 翔平からLINEで「頑張って」”. 朝日新聞. (2018年7月17日). https://www.asahi.com/articles/ASL7K5TH1L7KUTQP02M.html 2018年12月11日閲覧。 

関連項目[編集]