大谷敬二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大谷 敬二郎(おおたに けいじろう、1897年9月7日 - 1976年12月9日)は、日本の陸軍軍人憲兵。最終階級は憲兵大佐

略歴[編集]

戦前[編集]

戦後[編集]

  • 1945年8月21日 東部憲兵司令官更迭[9]
  • 同年9月 広島転任[9]
  • 同年11月1日 憲兵全員に復員命令が下り、2日、東京へ帰還[10]。憲兵司令部は米軍に接収され、2,3日おきに九段下の都電停留所前の残務整理部に通う[11]
  • 同月中旬、長崎県上波佐見町の戦時中家政婦をしてもらっていた藤田春恵の実家に寓居[12]。東京の残務整理部から呼出しを受け、東京-佐賀を何度か往復[13]
  • 同年12月末 中国復員部の要請で広島へ[13]
  • 1946年1月 東京へ帰還[13]捕虜搭乗員の取扱いでの戦犯指名をおそれ、再び長崎へ[14]。のち佐賀県嬉野温泉へ移る[14]
  • 同年4月18日、嬉野温泉の寓居でBC級戦犯容疑者として出頭命令を受ける[15]
  • 同月22日、東京の自宅へ戻るも、同月24日から家政婦・平野真紗子と御嶽駅から奥多摩の山中へ入り、失踪[16]。平野は同年5月14日に自宅にいる大谷の長男・清と連絡するため里に下りたところを警視庁に逮捕される[17]
  • 同年7月中旬まで神金村雲峰寺近くの鉱泉宿に滞在した後、1946年7月中旬から1947年3月まで大菩薩峠下の山荘「大菩薩山荘」、1947年4月から6月まで日川鉱泉に滞在し、同月に九州へ移動、1948年秋まで長崎県下波佐見村の藤田の親戚筋の家に寓居[18]
  • 1948年6月から、長崎港外の伊王島炭鉱、佐世保大島炭鉱などへ茶の行商に出る[19]
  • 同年9月、寄寓先の地権関係の書類を代筆したところ村の駐在にマークされ、同年11月に佐世保の池野[20]へ移り、1949年1月に佐世保の熊野町[21]へ移住[22]。同年2月15日、藤田が警察に呼ばれたため、逃亡し国見山中で10日ほど過ごした後、同月29日夜、長崎県大草駅近くで警戒中の警察官により逮捕される[23]
  • 同年9月 東京上野憲兵隊事件で重労働10年の判決を受ける。
  • 1956年 仮釈放

脚注[編集]

  1. ^ 大谷 1957, pp. 112-136.
  2. ^ 大谷 (1957, pp. 112-136)。浅原は1944年7月末に津野田事件津野田知重らによる東条英機暗殺未遂事件)の黒幕として再度逮捕された(大谷 1957, pp. 137-141)。
  3. ^ 大谷 1957, pp. 74-96.
  4. ^ 大谷 1957, pp. 97-111.
  5. ^ a b c d 大谷 1973, p. 187.
  6. ^ 大谷 1957, pp. 137-141.
  7. ^ 大谷 1957, pp. 13-73.
  8. ^ 同日未明の東京空襲で撃墜され逃亡中に警防団員を殺害したB29搭乗員が、憲兵隊によって処刑された事件
  9. ^ a b 大谷 1957, p. 230.
  10. ^ 大谷 1957, p. 231.
  11. ^ 大谷 1957, p. 232.
  12. ^ 大谷 1957, p. 233.
  13. ^ a b c 大谷 1957, p. 234.
  14. ^ a b 大谷 1957, p. 235.
  15. ^ 大谷 1957, p. 229.
  16. ^ 大谷 1957, p. 238.
  17. ^ 大谷 1957, p. 251.
  18. ^ 大谷 1957, pp. 251-260.
  19. ^ 大谷 1957, pp. 261-263.
  20. ^ Google, Inc. Google Maps – 佐世保の池野 (地図). Google, Incによる作成.. https://www.google.co.jp/maps/@33.2128018,129.7408767,19z 2016年4月23日閲覧。 
  21. ^ Google, Inc. Google Maps – 佐世保の熊野町 (地図). Google, Incによる作成.. https://www.google.co.jp/maps/place/〒857-0025+長崎県佐世保市熊野町 2016年4月23日閲覧。 
  22. ^ 大谷 1957, pp. 263-266.
  23. ^ 大谷 1957, pp. 267-276.

著書[編集]

  • 「昭和憲兵史」 みすず書房、新版あり
  • 「憲兵 元・東部憲兵隊司令官の自伝的回想」 新人物往来社、新版光人社NF文庫
  • 「軍閥」 図書出版社、新版光人社NF文庫
  • 「皇軍の崩壊」 図書出版社
    • 改題新版 「陸軍80年」 図書出版社
  • 「天皇の軍隊」 図書出版社
  • 「捕虜 捕らえられた日本兵たちのその後」 図書出版社、新版光人社NF文庫
  • 「二・二六事件 流血の四日間」 図書出版社
  • 「二・二六事件の謎 昭和クーデターの内側」 柏書房、新版あり
  • 「戦争犯罪」 新人物往来社
  • 「憲兵秘録」 原書房
  • 大谷, 敬二郎 『憲兵‐自伝的回想』 新人物往来社、1973年3月
  • 大谷, 敬二郎 『にくまれ憲兵』 日本週報社、1957年NDLJP:1707880Closed Access logo alternative.svg