大谷博国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大谷 博国(おおたに ひろくに、1953年(昭和28年)3月15日 - )は、広島県出身の日本実業家経営者にしき堂代表取締役社長である。にしき堂創業者の大谷照三は実父にあたる。

経歴[編集]

[1]

  • 1953年3月 - 広島県生まれ
  • 1972年3月 - 崇徳高等学校卒業
  • 1976年3月 - 東海大学理学部卒業
  • 1978年4月 - 家業を継ぐため、株式会社にしき堂入社
  • 2001年8月 - 株式会社にしき堂代表取締役社長に就任(現任)
  • 2003年
    • 5月 - 広島県菓子工業組合理事に就任
    • 広島県菓子協同組合連合会理事に就任
    • 広島市菓子協同組合副理事長に就任
  • 2011年
    • 7月 - 広島市菓子協同組合理事長に就任
    • 9月 - 広島県菓子工業組合副理事長に就任
    • 広島県菓子協同組合連合会副理事長に就任
    • 11月 - 広島市食品衛生協会会長に就任(現任)
  • 2012年
  • 2013年
    • 5月 - 広島県菓子工業組合理事長に就任(現任)
    • 広島県菓子協同組合連合会理事長に就任(現任)
    • 6月 - 広島県中小企業団体中央会副会長に就任(現任)
  • 2015年5月 - 広島市菓子協同組合理事相談役(現任)
  • 2016年7月 - 株式会社にしき堂が広島大学越智光夫学長)と産学連携を目的とした「包括的研究協力に関する協定書」に調印する

人物[編集]

  • 首都師範大学のキャンパス内にある広島大学北京研究センター顧問を務め、同センターで行われるスピーチコンテストの後援や日本への留学生への支援を行っており、2012年6月に首都師範大学より名誉教授の称号が贈られることとなった。
  • 2012年10月7日に放送されたテレビ朝日系番組シルシルミシルさんデーで特集された際には、大谷は「もみじ饅頭王」として紹介され、「もみじ饅頭王」(大谷)にとってもみじ饅頭とは何かとの質問に「もみじ饅頭は兄弟」と答えている。
  • 2009年に売り出した新商品「生もみじ」は現在[いつ?]一番のヒット商品となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 『月刊春秋』2017年2月号、春秋社、 51頁。