大谷三穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大谷 三穂
生誕 (1971-05-28) 1971年5月28日(48歳)
日本の旗 日本 大阪府吹田市
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1996年(平成8年) -
最終階級 1等海佐
テンプレートを表示

大谷 三穂(おおたに みほ、1971年(昭和46年)5月28日 - )は日本海上自衛官で、自衛隊初の女性練習艦艦長護衛艦艦長を歴任。防衛大学校女子第1期生(第40期)。2019年12月時点での階級は1等海佐[1]

経歴[編集]

大阪府吹田市出身。大阪府立千里高等学校卒業。龍谷大学文学部に進学するが、2年生のとき、大学の下宿先で湾岸戦争のニュースを見て「愛国心を覚え」、防衛大学校への進学を決意する[2]。家族の反対を押し切り、1992年(平成4年)4月、女子1期生として入学した[2]。 最初はパイロットを希望していたが、海上自衛隊に配属され、最初の勤務は練習艦「なつぐも」。その後、防衛大学校の指導教官や海上幕僚監部などの勤務を経て、2011年(平成23年)4月、当時練習艦だった「あさぎり」の副長に就任した[2]2008年(平成20年)に護衛艦への女性の配置制限が撤廃された後、2012年(平成24年)3月に「あさぎり」が護衛艦籍に復帰したことに伴い、女性初の護衛艦副長となる[2]2013年(平成25年)3月には練習艦「しまゆき」艦長に就任し、東良子と同時に海上自衛隊女性初の練習艦艦長となった[3][4]2016年(平成28年)2月には「やまぎり」艦長に就任し、女性初の護衛艦艦長となった[5][6]2017年(平成29年)7月1日、1等海佐昇任[7]2018年(平成30年)3月23日、海幕厚生課厚生班長[8]。2019年(令和元年)12月2日に「みょうこう」艦長に着任し、女性初のイージス艦艦長となった[1][9]

関連項目[編集]

  • 松島美紗 - 自衛隊初の女性戦闘機パイロット
  • 澤村満称子 - 自衛隊初の女性連隊長

脚注[編集]