大西城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
大西城
島根県
大西城遠景
大西城遠景
別名 高麻城、高佐城
城郭構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 鞍掛久光
築城年 天文年間
主な改修者 大西氏毛利氏
主な城主 鞍掛久光大西氏毛利氏
廃城年 元亀2年(1571年)か
遺構 土塁、空堀
指定文化財 なし
位置 北緯35度20分47.98秒
東経132度55分30.84秒

大西城(だいさいじょう)は、島根県雲南市加茂町にあった日本の城

概要[編集]

大西城は比高130mの独立性の高い丘陵上に築かれた山城で、尼子氏時代には大西氏(だいさいし)が拠り、尼子十旗の一つに数えられた。

構造[編集]

大西城は、独立性の高い高麻山山頂に占地し、背後北西方向に繋がる尾根筋は二重堀で遮断している。普請は山頂の主郭を中心に全山に渡り、東方に御殿平、北方に御倉平の地名が残り、それぞれ居館および倉の跡と考えられている。

各郭はおおむね土塁を用いない尼子氏流の特徴を示すが、尾根筋の城道や枡形の存在は毛利氏の改修を示唆している。

沿革[編集]

  • 天文年間、鞍掛久光によって築かれた。
  • 尼子氏時代、同氏の重臣大西氏の居城となった。
  • 天文12年、大内氏の出雲侵攻に際し、大西高由は尼子氏に従い富田城の防備に着き、宮尾において大内勢を破った。
  • 永禄8年(1565年)、毛利氏の出雲侵攻に際しても、大西高由は尼子氏に従い、富田城塩谷口の守備に当たり、吉川勢の攻撃を凌いだ。
  • 永禄9年(1566年)、富田城は開城し、尼子義久は安芸に幽閉されたが、大西高由もこれに従った。
  • 大西城のその後については不明だが、枡形等が設けられていることから、永禄12年から元亀2年に掛けての尼子氏残党との戦いの際に、毛利氏により改修されたものと考えられている。

関連項目[編集]