大街道停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大街道駅から転送)
Jump to navigation Jump to search
大街道停留場
大街道停留場
大街道停留場
おおかいどう
Okaido
(松山城・坂の上の雲ミュージアム前)
18 勝山町 (0.4km)
(0.4km) 県庁前 20
所在地 愛媛県松山市
駅番号 19
所属事業者 伊予鉄道
所属路線 城南線
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
5255[1]人/日
-2015年-
テンプレートを表示
北東から見た大街道商店街入口
南側から見た大街道電停(道後温泉方面)

大街道停留場(おおかいどうていりゅうじょう)は、愛媛県松山市大街道3丁目および一番町2丁目にある伊予鉄道城南線(軌道)の停留所

概要[編集]

国道11号上に位置し、停留所の間は交差点となっている。南には松山市有数の繁華街である大街道商店街がある。北側はロープウェイ街と呼ばれ、松山城へのロープウェイ乗り場へのゆるやかな登り道がある。道後温泉と松山市駅あるいはJR松山駅を結ぶ路線、および松山城の周囲を2方向から循環する環状線の路面電車が運行されている。

坊っちゃん列車の途中停車駅である。

勝山町停留場警察署前停留場ほどではないが、勾配線上の電停である。

構造[編集]

互い違いの相対式2面2線の安全地帯を有する。ホーム長が長く電車2両が停車可能。

のりば[編集]

大街道
ホーム 路線 行先
北側 2号線 環状 赤十字病院前木屋町方面
3号線 道後温泉行き
5号線
南側 1号線 環状 松山市駅行き
3号線
5号線 JR松山駅前行き

周辺[編集]

電停のある大街道交差点から南側に、大街道商店街のアーケードがあり、松山城行きロープウェイのりばの最寄り電停である。付近は松山で一番の繁華街である。

歴史[編集]

  • 1895年8月22日 道後鉄道の「松山駅」として開業。(現「いよてつ会館」の場所。)
  • 1900年 道後鉄道が伊予鉄道に吸収され、名称も「一番町」に変更される。
  • 1911年9月1日 松山電気軌道が「一番町」電停を開業。(現在地)
  • 1921年4月1日 松山電気軌道が伊予鉄道に吸収される。双方の路線が並行して営業を続ける。
  • 1926年5月2日 旧・松山電気軌道線を複線化し、旧・道後鉄道線が廃止となる。
  • 1967年 名称を「一番町」から「大街道」に変更。

隣の停留場[編集]

伊予鉄道
環状線(1号線・2号線)・3号線・5号線
勝山町停留場 (18) - 大街道停留場 (19) - 県庁前停留場 (20)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国土数値情報(駅別乗降客数データ) - 国土交通省、2017年11月13日閲覧

参考文献[編集]

大野鐵・速水純 『伊予鉄が走る街 今昔』 JTBパブリッシング、2006年ISBN 4-533-06410-8

関連項目[編集]