大草城 (尾張国知多郡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
logo

愛知県
大草城模擬天守(展望台)
大草城模擬天守(展望台)
築城主 織田長益
主な城主 織田氏・山澄氏
遺構 堀、曲輪、土塁
指定文化財 なし
再建造物 模擬天守
位置 北緯34度56分23.9秒
東経136度49分49.6秒

大草城(おおくさじょう)は、尾張国知多郡大草(現在の愛知県知多市大草)にあった日本の城。平城。城址は現在整備されて「大草公園」となり、本丸に模擬天守風の展望台が作られている。

沿革[編集]

天正2年(1574年)、この地を有していた佐治信方長島一向一揆で戦死し、跡継ぎの佐治一成が幼少だったためか、織田信長の弟織田長益(有楽斎)が知多郡を与えられ、大野城を与えた。大野城は水利が悪いため大草の地に築城を開始したが、長益が摂津国に移封されたため完成を待たずして廃城となった[1](が、本能寺の変の影響で再び荒廃してしまったとも)[要出典]

本丸、二の丸、三の丸を配し、本丸、二の丸の周囲を(水堀も)と土塁で囲った梯郭式縄張が良好な状態で残り現在も見ることができる。小牧・長久手の戦い後、長益は豊臣秀吉により摂津に所領を移されたため、大草城は完成することなく、未完の城のまま廃城となった。江戸時代に入ると、尾張藩は大草城跡を知多郡の防御上重要な地として、家老山澄淡路守英龍に大草の地(5,000石)を与え城址近くに居を構えて城址の保全をさせ、歴代の山澄氏によって保存された[2]。現在でも城跡の周辺に東屋敷や西屋敷などの大字が残る。

1970年代から城址全体を公園として整備され、1979年(昭和54年)には展望台が設置された[1]

交通アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 愛知県 史跡整備事例集、(2009)、P.126
  2. ^ 大草城”. 愛知エースネット(愛知県総合教育センター) (2011年3月29日). 2017年3月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 愛知県史跡整備市町村協議会『愛知県 史跡整備事例集』2009年3月27日

関連項目[編集]