大聖観音寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大聖観音寺
あびこ観音本堂.jpg
所在地

大阪府大阪市住吉区我孫子4丁目1-20

位置 北緯34度35分58.62秒 東経135度30分36.67秒 / 北緯34.5996167度 東経135.5101861度 / 34.5996167; 135.5101861 (大聖観音寺)座標: 北緯34度35分58.62秒 東経135度30分36.67秒 / 北緯34.5996167度 東経135.5101861度 / 34.5996167; 135.5101861 (大聖観音寺)
山号 吾彦山
宗派 観音宗
寺格 総本山
本尊 聖観音菩薩
創建年 欽明天皇7年(546年
開基 聖徳太子
別称 あびこ観音
安彦観音寺
我孫子観音
吾彦観音寺
公式サイト あびこ観音寺 公式ホームページ
法人番号 4120005001374 ウィキデータを編集
大聖観音寺の位置(大阪府内)
大聖観音寺
テンプレートを表示
西側入口(2006年3月撮影)

大聖観音寺(だいしょうかんのんじ)は、大阪市住吉区我孫子にある観音宗の総本山寺院山号は吾彦山。本尊聖観音菩薩。日本最古の観音菩薩の霊場だとされる。通称あびこ観音。西門付近の石柱は吾彦観音寺の表記となっている。あびこの名は、この地の豪族、依網吾彦(よさみのあびこ)に由来するといわれる。

歴史[編集]

百済と交易をしていた依網吾彦の一族が百済の聖明王から一寸八分の観音像を贈られ、欽明天皇7年(546年)にこの地の人々がその像を祀る堂を建てた。そして、推古天皇14年(607年)に聖徳太子がその観音像を祀る観音寺を建立したとされる。

慶長20年(1615年)の大坂夏の陣の際には、真田信繁の攻撃を受けて逃げてきた徳川家康をかくまったという。江戸時代には最盛期を迎え、塔頭寺院が36を数えるに至った。

1881年明治14年)、火災に遭い、多くの寺宝と共に焼失したが、1890年(明治23年)から再建し、復興を果たした。

1947年昭和22年)5月18日、真言宗山階派より独立し、観音宗を設立した。

境内[編集]

文化財[編集]

大阪市指定保存樹[編集]

  • 観自在大楠 - 樹齢800年のクスノキ。

年中行事[編集]

  • 2月1日 - 7日 節分厄除大法会
  • 2月2日 - 4日 厄除護摩加持祈祷
  • 2月3日 - 節分厄除大法会。本尊が開帳されて除開運などを願う多くの参拝者で賑わう。

1月・2月に行われる護摩祈祷がよく知られている。修験道形式の天蓋護摩(てんがいごま)で、奉書などで作られた紙製の天蓋を護摩炉の上に吊す。天蓋は護摩炉の炎が近くに至っても燃えないという。節分期間中は、2つの最寄り駅であるJR西日本阪和線我孫子町駅Osaka Metro御堂筋線あびこ駅間を結ぶ道路など、当寺周辺を囲む道に多数の屋台が出店するため大阪シティバスの路線の一部(63号系統)が運休する。

御祈祷[編集]

  • 御祈祷は、本堂と護摩堂で行われている。本堂での御祈祷は年間を通して行われている。
  • 本堂での御祈祷の申し込み者は、御祈祷の儀式への立ち会いはできない。御祈祷は後日に行われる。申し込み時に御祈祷料と郵送される御札の送料を併せた金額を納める。
  • 1月・2月に護摩堂で行われる護摩祈祷は、申し込み者の御祈祷への立ち会いは可能。御祈祷の後、御祈祷を受けた御札を手渡される。

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]